医療情報市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:サービスプロバイダ別(社内、契約アウトソーシング)、治療領域別(腫瘍学、神経学、心臓病学、免疫学、その他)、製品ライフサイクル別(前臨床、臨床、市販承認後)、企業規模別(小規模、中規模、大規模)、エンドユーザー別(製薬会社、バイオテクノロジー企業、医療機器メーカー): 2024 年から 2032 年までの機会分析と業界予測

レポートID : ROJP0624164  |  発行日 : 2024年06月  |  フォーマット :  :   : 

世界医療情報市場は、2023年から2032年までに27.8億米ドルから52億米ドル までの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 7.41%で成長すると予測されています。

医療情報とは、医療に関連する情報やデータの管理、作成、共有を含む、医療分野に不可欠なものです。電子カルテ(EHR)、医療情報交換、医療情報システム、遠隔医療、医療分析などは、この傘を構成する要素のほんの一部に過ぎません。

市場を牽引する要因

慢性疾患の有病率の増加

患者が心臓病、糖尿病、関節炎などの慢性疾患を管理する上で、正確でわかりやすい医療情報はますます不可欠になっています。遠隔医療の発達により、信頼できる医療情報を遠隔地から提供できるプラットフォームが求められています。EHRは、患者の履歴を記録し、医療関係者が関連データにアクセスできるようにするために必要です。

製薬会社が慢性疾患の治療法の研究開発に投資している結果、慢性疾患に関する完全な医療情報の必要性が高まっています。健康分析とビッグデータを活用して慢性疾患の転帰と有病率の動向を予測するには、包括的な医療データが必要です。

市場の制約

データプライバシーとセキュリティ

医療データがいかに機密性の高いものであるかを考えると、医療情報市場におけるデータのプライバシーとセキュリティは重大な関心事です。個人健康情報(PHI)と大量の電子医療記録(EHR)がこの市場に保存、収集、分析されています。

これらの情報の完全性と機密性を守ることは、法的義務を守り、人々の権利を守り、医療機関に対する社会の信頼を維持するために不可欠です。また、サイバー犯罪者は医療データを頻繁に狙うため、データ漏洩やランサムウェア攻撃の格好の標的となっています。そのため、このような要因が市場の成長を阻害しています。

市場機会

遠隔医療および遠隔健康

世界の医療情報市場は、遠隔医療や遠隔診療の進歩により、医療へのアクセスや提供方法が大きく変化しています。直接訪問することなく患者に治療サービスを提供することは、電子通信やソフトウェアの使用を通じて行われます。これには遠隔モニタリング、デジタル医療情報伝送、ビデオ診察などが含まれます。

患者のバイタルサインを追跡し、継続的な監視のために医療専門家に情報を送信するガジェットやプログラムは、物理的なインフラの必要性を最小限に抑え、医療提供に関連する入院や旅費を削減することができます。このため、世界市場のプレーヤーにはいくつかの機会が生まれます。

市場セグメンテーションの洞察

サービスプロバイダー別

2023年、世界の医療情報市場は受託アウトソーシングセグメントが収益面を独占しました。この成長は、アウトソーシングによって企業が削減できる運営コストに起因しています。企業は、外部プロバイダーの経験を活用することで、社内チームの維持に関連するトレーニング、給与、インフラのコストを削減することができます。

アウトソーシングにより、企業は従業員の解雇や募集を心配することなく、需要に応じてプロセスを変更することができます。この適応性は、非常にダイナミックなヘルスケア分野で特に有用です。ヘルスケアビジネスは、非中核業務をアウトソーシングすることで、臨床研究や患者ケアといった主要目標により集中することができます。これにより、全般的な効率性と有効性が向上します。規制当局への提出書類の監督、規制当局とのコミュニケーション、規則遵守の保証します。したがって、これらの要因がこのセグメントの市場成長を後押ししています。

治療分野別

2023年には、腫瘍学セグメントが収益面で市場を独占しました。この背景には、科学的ブレークスルーの高まり、癌の罹患率、的を絞った個別化治療の選択に対する要求があります。世界的な癌罹患率の増加が、腫瘍学情報産業の著しい成長を後押ししています。

また、新薬の導入、がん検診に対する意識の高まり、医療技術の進歩なども、この発展に大きな役割を果たしています。遠隔医療サービスの利用が拡大したことで、がん患者はフォローアップの診察や専門的なケアを受けやすくなりました。そのため、このような要因のすべてが、この市場における同分野の成長を後押ししています。

しかし、免疫学セグメントは予測期間において市場を独占すると予想されています。この市場は、特に免疫学セグメントにおいて急速に発展している産業だからです。免疫システムの分析、その疾患、免疫反応を維持するための治療法の開発は、すべて免疫学分野に含まれます。

また、アレルギー、自己免疫疾患、感染症、がんなど、数多くの疾病がこのセグメントに大きな影響を受けています。自己免疫疾患の有病率の上昇とそれらに対する理解の深まりは、これらの病気に関連する診断および治療市場の拡大につながっています。アレルギーの罹患率の増加と診断技術の進歩が、このセグメントの市場成長を後押ししています。

製品ライフサイクル別

2023年には、臨床段階セグメントが収益面で市場を独占しました。これは、医療情報市場における臨床試験段階が、新薬や治療法の承認および開発における重要な段階であることに起因しています。

新しい治療法や医薬品は、人体で試験される前に、実験室や動物で広範囲に試験されます。これらの試験により、その薬が有効で安全であることが示された場合、そのデータは規制機関に提出され、審査と承認が行われます。また、長期的な副作用や珍しい副作用を見つけるために、一般集団における薬の性能の継続的なモニタリングも行われます。

企業規模別

2023年には、中規模セグメントが収益面で市場を独占しました。これは、これらの事業が特定の医療ニッチに集中することが多く、専門的な医療情報製品やサービスの創出を通じてイノベーションに拍車をかけていることに起因しています。これらの企業は、臨床試験や疫学研究を実施し、より大きな医療情報エコシステムに必要な情報や知識を提供しています。

大規模で適応性の低い組織とは異なり、患者、製薬会社、医療専門家に対し、オーダーメイドの医療情報ソリューションを提供することができます。医療情報交換(HIE)、電子カルテ(EHR)、遠隔医療プラットフォームなどの医療情報システムは、一部中堅企業によって開発および導入されています。このように、これらすべての要因が、この市場におけるこのセグメントの成長を後押ししています。

さらに、小規模セグメントが予測期間において市場を独占すると予想されています。なぜなら、これらの企業は新しいコンセプトへの迅速な適応と採用により、イノベーションの最前線に立つことが多いからです。多くの場合、大企業がスキップしてしまうような特殊な市場や医療情報に対する特別な要件に集中しています。医療情報業界では、特定の医療問題、珍しい病気、特殊な対象者など、ニッチ市場に対応する中小企業が数多く存在します。

遠隔医療プラットフォーム、電子カルテ(EHR)、モバイルヘルスアプリなどの最新の医療情報技術ソリューションは、多くの場合、中小企業によって製造および運営されています。これらの企業は、大手製薬企業やバイオテクノロジー企業と提携することが多く、大手競合企業の強みを改善するために専門的なサービスや知識を提供しています。したがって、これらすべての要因が、予測期間にわたってこのセグメントの市場成長を促進すると予想されます。

エンドユーザー別

2023年には、医薬品セグメントが収益面で市場を独占しました。これは、医薬品に関する主な情報源の一つが製薬業界であるという事実に起因しています。製薬業界は、投与ガイドライン、安全性情報、処方情報など、医薬品に関する詳細な記録を作成しています。患者の治療法について十分な情報に基づいた決定を下すためには、医療従事者はこれらの情報にアクセスする必要があります。

また、製薬企業は医療従事者や患者向けの教育リソースを頻繁に開発しています。ウェブサイト、パンフレット、教育プログラムは、特定の病気、利用可能な治療法、最適なヘルスケア方法について人々を教育する目的を持つこれらのツールのいくつかの例です。患者や医療専門家に情報やサポートを提供するため、モバイルアプリやオンラインプラットフォームのようなデジタルヘルスソリューションに投資する製薬会社が増えています。

地域別分析

2023年には、北米が世界の医療情報市場を収益面で独占しました。この成長は、医療情報システムが医療専門家にエビデンスに基づくデータを提示し、臨床判断をサポートすることに起因しています。これらのシステムにより、様々な医療関連企業が患者データを安全に共有することが可能になります。

医療費は増加により、プロバイダーはプロセスを合理化し、コストを削減するために、より費用対効果の高い情報システムを導入することを余儀なくされています。しかし、異なるプラットフォームやシステムが情報を交換し、相互に連携できるようにすることが、依然として克服すべき大きな障害となっています。

しかし、アジア太平洋が予測期間において市場を独占すると予測されています。この成長は、この市場が医療機器、市販後ファーマコビジランス、ヘルスケア情報技術のような幅広いサービスや商品を含んでいることに起因しています。患者モニタリングとヘルスケアの提供は、人工知能、遠隔医療システム、デジタルヘルス技術の統合によって大幅に強化されています。

リモートヘルスケアサービスや精巧な診断機器など、これらの技術を活用している主要国は日本と中国です。医療機器や情報システムに対する要求は、中国、韓国、インドなどの国々における医療支出の増加によって推進されています。医療にお金をかける用意のある中産階級が増えていることも、これを後押ししています。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

世界の医療情報市場は、サービスプロバイダー、治療領域、製品ライフサイクル、企業規模、エンドユーザー、地域に焦点を当てています。

サービスプロバイダー別

  • 社内
  • 契約アウトソーシング

治療領域別

  • 腫瘍学
  • 神経学
  • 心臓病学
  • 免疫学
  • その他

製品ライフサイクル別

  • 前臨床
  • 臨床試験
  • 市販承認後

企業規模別

  • 小規模
  • 中規模
  • 大規模

エンドユーザー別

  • 製薬会社
  • バイオテクノロジー企業
  • 医療機器メーカー

地域別

北アメリカ

  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ

ヨーロッパ

  • 西ヨーロッパ
    • イギリス
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その地の西ヨーロッパ

東ヨーロッパ

  • ポーランド
  • ロシア
  • その地の東ヨーロッパ

アジア太平洋

  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリアおよびニュージーランド
  • 韓国
  • ASEAN
  • その他のアジア太平洋

中東・アフリカ(MEA)

  • サウジアラビア
  • 南アフリカ
  • UAE
  • その他のMEA

南アメリカ

  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Jun-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

683,628 円

マルチユーザーライセンス

854,535 円

法人ライセンス

994,368 円

お問い合わせ