量子ドット(QDs)の世界市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート - 技術別、材料別、エンドユーザー別、用途別 - 2024年から2032年までの機会分析と産業予測

レポートID : ROJP0424024  |  発行日 : 2024年04月  |  フォーマット :  :   : 

世界の量子ドット市場は、2023年から2032年までに54億米ドルから208億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 16.2%で成長すると予測されています。

量子ドットは電子ディスプレイ技術における最先端の進歩であり、他の現代的なディスプレイと比較して、優れた柔軟性と鮮やかな色彩を提供します。このナノスケールのコロイド半導体は、そのコロイドサイズに基づいて調整可能なバンドギャップを持ち、、動作するのに最小限のエネルギーしか必要としません。青色光だけで活性化できるため、コスト削減に寄与します。さらに、量子ドットは非常に高い安定性を持つ無機エミッターであり、多くの生物発光材料よりも優れています。

市場を牽引する要因

ディスプレイデバイスにおける量子ドットの採用増加

量子ドットは、従来のディスプレイと比較して、高い色解像度、色純度の向上、没入感の高いハイダイナミックレンジ(HDR)体験、より高いエネルギー効率を実現する能力により、ディスプレイデバイスに広く応用されています。その狭い発光スペクトルと広い励起プロファイルにより、光を可視スペクトル内のあらゆる色に効率的に変換することができます。

量子ドットディスプレイの需要が急増している背景には、高解像度のテレビやスマートフォンの人気が高まっていることがあります。さらに、省エネルギーや環境に優しいソリューションが重視されるようになり、消費電力が少なく二酸化炭素排出量の削減に貢献することから、ディスプレイや照明への量子ドットの採用が進んでいます。

市場の抑制

レアアース材料の入手の制限

カドミウム、セレン、亜鉛、インジウムなどの希土類材料は、量子ドット市場動向の生産において重要な役割を果たしています。しかし、入手可能性が限られ、需要が高いため、これらの材料は際立って高価です。

量子ドットの製造には、これらの希土類元素と似た性質を持つ材料を利用する必要があります。残念ながら、量子ドットの開発に適した材料は容易に入手できません。さらに、有毒金属であるカドミウムは環境問題を引き起こします。カドミウム、セレン、インジウムは量子ドット製造に利用されつつあるが、その入手可能性は限られているため、最適な利用が必要です。

市場機会

太陽電池における量子ドットの応用拡大

量子ドットは調整可能なバンドギャップを示すように設計することができるため、特定の太陽電池設計に合わせて吸収及び発光特性をカスタマイズすることができます。この調整可能性は、太陽電池の性能を最適化し、全体的な効率を高める上で極めて重要な役割を果たします。クリーンエネルギーへの需要が拡大し続ける中、量子ドットを太陽電池に組み込むことで、より効率的でコスト効率の高い太陽光発電システムへの道が開かれます。

量子ドットは、太陽電池のエネルギー変換効率を向上させる有望なソリューションです。これらのナノ結晶を太陽電池の構造に組み込むことで、可視光や赤外線の波長を含む、より広いスペクトルの光を取り込むことができます。量子ドット太陽電池でホットフォトジェネレートキャリアを活用することで、太陽光の光子変換の最大熱力学効率は約66%まで向上し、より高い光電圧または光電流が得られる可能性があります。

セグメンテーションの洞察

技術別

2023年には、コロイド合成が量子ドット市場で最大のセグメントに浮上しました。この技術では、化学反応を通じてコロイド溶液中で量子ドットを合成します。医薬品、化粧品食品及び飲料、ナノテクノロジーなど、様々な産業でコロイド量子ドットが幅広く応用されていることが、このセグメントの市場を牽引する主な要因となっています。医薬品と化粧品では、コロイドは溶解性と生物学的利用能の向上のために利用され、食品産業では、食感の改良と安定性に寄与します。

さらに、ナノ粒子の製造にコロイド合成を多用するナノテクノロジーの進歩が、市場の拡大に拍車をかけています。また、環境に優しい物質を用いたグリーン合成法の台頭も市場成長に寄与しています。さらに、多額の資金援助に支えられた研究開発(R&D)活動の活発化が、この分野の技術進歩を加速させています。効率的なドラッグデリバリーシステムと高品質の消費者製品に対する需要の高まりは、コロイドの応用をさらに必要としています。

エンドユーザー別

2023年には、量子ドットディスプレイデバイスセグメントが最大の市場シェアを占めました。量子ドットディスプレイは、狭いスペクトル、高い安定性、低消費電力が特徴で、ディスプレイメーカーの間で人気が高まっています。これらのディスプレイは、フラットパネルTVスクリーン、デジタルカメラ、スマートフォン、ゲーム機、PDA(パーソナルデジタルアシスタント)機器など、様々な機器に利用されています。特に、LEDと量子ドット発光素子の統合は、ディスプレイエコシステムにおける有望な発展です。ディスプレイへの量子ドットの採用拡大が、量子ドットディスプレイ市場を前進させると予想されます。

用途別

2023年、生物学的イメージングセグメントは優位性を維持すると予測されています。量子ドット (QD)はイメージングに利用され、高感度、長期安定性、良好な生体適合性、侵入性の低減により、生物学的センシング用の高蛍光プローブとして機能します。QDのこれらの特徴は、標準的な蛍光性有機色素や色蛍光タンパク質と比較して、化学的及び生物学的研究において大きな利点をもたらし、近年、生物学及び医学の分野で大きな関心を呼んでいます。QDは、分子病理組織学、疾病診断、生物学的イメージングを含む様々な生物学的応用における発光プローブや標識として、潜在的な候補と考えられています。

地域別

アジア太平洋は、予測期間において最も高い年間平均成長率(CAGR)を記録すると予測されています。これは、消費者が技術的に先進的な製品を採用していること、特にディスプレイ産業において、多くの大学や組織が量子ドット(QD)技術の研究開発(R&D)に積極的に関与していることに起因しています。

中国は半導体製造と量子コンピューター研究に多大な投資を行っており、量子ドットに潜在的な成長機会をもたらしています。量子ドットが半導体技術を発展させ、量子コンピューターの開発に貢献する可能性が、この成長を後押ししています。

日本では、量子ドット技術とその応用の顕著な進歩によって、量子ドットの成長に拍車がかかっています。例えば、情報通信研究機構フォトニックネットワーク研究所の研究者は、高品質な量子ドットを用いた新しい光源技術を開発し、従来の方法よりも高い安定性と光周波数を示しました。これらの進歩は、様々な分野への応用の可能性を拓くものです。

主要企業のリスト:

  • Agilent Technologies ICX Photonics Inc
  • Luminus Devices Inc
  • NEC Corporation Advance Photonic Crystals LLC
  • Epistar MicroContinuum Inc
  • Carolinas Photonic Consortium (CPC)
  • Omniguide Lightwave Power Inc
  • Samsung Electronics Co. Ltd
  • Altair Nanotechnologies, Inc.
  • Nanoco Technologies
  • Nexxus Lighting
  • LG Display Co. Ltd
  • QD Vision
  • Quantum Material Corporation
  • Sony Corporation

セグメンテーションの概要

世界の量子ドット市場は、用途、エンドユーザー、技術、素材、地域に焦点を当てて分類されています。

用途別

  • 量子光学
  • 生物イメージング
  • QDベースのセキュリティと監視
  • 再生可能エネルギー
  • オプトエレクトロニクス

エンドユーザー別

  • 医療デバイス
  • QDディスプレイデバイス
  • QDレーザーデバイス
  • QD太陽光発電デバイス
  • 量子ドットチップ
  • QDセンサー
  • QD発光デバイス(固体照明)

技術別

  • コロイド合成
  • 製造
  • ウイルスの組み立て
  • 電気化学的組み立て
  • 大量製造
  • カドミウムフリー量子ドット (CFQD)

素材別

  • セレン化カドミウム (CdSe)
  • 硫化カドミウム (CdS)
  • テルル化カドミウム (CdTe)
  • インジウムヒ素 (InAs)
  • シリコン(Si)
  • その他

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨーロッパ
    • 西ヨーロッパ
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨーロッパ
    • 東ヨーロッパ
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨーロッパ
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Apr-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

699,165 円

マルチユーザーライセンス

854,535 円

法人ライセンス

1,009,905 円

お問い合わせ