世界のオーガニック食品及び飲料市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート - 製品タイプ別(オーガニック食品及び野菜、オーガニック肉、魚及び鶏肉、その他オーガニック食品及び飲料)、加工別(加工済み及び未加工)、流通チャネル別(スーパーマーケット及びハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル、その他): 2024年から2032年までの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424027  |  発行日 : 2024年06月  |  フォーマット :  :   : 

世界のオーガニック食品及び飲料市場は、2023年から2032年までに2,843億9,890万米ドルから9,926億7,700万米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 14.9%で成長すると予測されています。

オーガニック食品とは、オーガニック農法によって栽培された生鮮食品や加工食品を指し、人工農薬や肥料などの化学合成物質の使用を避けたものです。さらに、オーガニック食品は遺伝子組み換え作物(GMO)を含みません。「オーガニック」という用語は飲料にも適用され、非乳飲料、コーヒー、紅茶、その他のオーガニック飲料が含まれます。オーガニック飲料の特徴は、従来の農薬、人工肥料、下水汚泥を使わずに栽培された作物から生産されていることです。

市場促進要因

健康意識の高まり

世界のオーガニック食品及び飲料市場の拡大を促す主な要因は、消費者による健康的で自然な食品及び飲料の迅速な採用です。有機食品の健康と利点に関する消費者の意識の高まりが、さらに成長を刺激しています。

心疾患、癌、糖尿病などの慢性疾患の増加と医療費の高騰により、消費者はますます食生活に注目するようになっています。米国立生物工学情報センター(NCBI)によると、少なくとも一つの慢性疾患を持つ50歳以上の人口は、2020年から2050年にかけて99.5%増加すると推定されています。これが有機食品及び飲料市場を牽引する主な理由の一つとなっています。

慢性疾患を患う人の増加により、健康的でオーガニックな食品及び飲料の需要が高まり、市場の成長を牽引しています。その結果、様々なメーカーが、消費者の需要の高まりに対応するため、ラベル付きのオーガニック食品及び飲料を製造しています。

市場の抑制

高コストと短い自己寿命

オーガニック食品の価格が高いことが、オーガニック食品及び飲料市場の需要拡大の主な障害となっています。認定オーガニック製品は、オーガニック生産方式に関連する生産コストが高いため、通常、従来型製品よりも高価です。これらの方法では、原材料や副資材から包装に至るまで、環境に優しいアプローチと生産方法を駆使して、全工程を綿密に管理する必要があります。

オーガニック食品は一般的に、従来の食品に比べて賞味期限が短いです。これは主に、従来の農業や食品加工によく見られる合成保存料、添加物、農薬を使わずに生産されているためでした。これは消費者によってはデメリットと受け止められるかもしれないが、実際にはオーガニック食品のプラス面を浮き彫りにしており、より自然で健康的な製品を保証しています。

市場機会

高まる政府支援

オーガニック食品及び飲料市場に対する政府の支援は、オーガニック製品の普及と規制を目的とした様々な政策やイニシアティブを通じて明らかです。例えば2022年、米国農務省は、農家や生産者の有機生産への移行を支援するため、新たな有機移行イニシアティブに3億米ドルを投資すると発表しました。このイニシアチブは、オーガニック製品の新たな市場と収入源を構築することを目的としており、オーガニック業界に対する重要なコミットメントを示しています。

同様の動きとして、ドイツ政府は2024年3月、ヨーロッパの委員会に対し、有機農法で生産された脱アルコールワインにも有機認証を認めるよう要請しました。この動きは、オーガニック認証の範囲を拡大し、進化する消費者の嗜好に対応するための積極的な取り組みを反映しています。世界保健機関(WHO)のデータによると、ドイツではアルコール消費量が減少しており、健康的な飲料への関心の高まりを反映して、ノンアルコールセットの購入が顕著に増加しています。

市場セグメンテーション

製品タイプ別

オーガニック肉、魚や鶏肉及び有機乳製品セグメントは、予測期間において最も急成長するセグメントと予想されます。この成長は、クリーンラベル付きで持続可能なオーガニック食品に関連する健康上の利点に対する意識の高まりによるものです。食肉消費量の増加とオーガニック乳製品需要の急増は、より健康的で環境に配慮した食品選択への嗜好の高まりを反映しています。

プロセス別

2023年のオーガニック食品及び飲料市場シェアの大半を占めたのは未加工セグメントでした。新鮮で未加工のオーガニック食品と飲料は健康に有益であると考えられており、特に発ガン性があるとされる加工食品に関連する潜在的な健康リスクのためです。その結果、未加工のオーガニック食品に対する需要が高まっています。

流通チャネル別

オンライン販売セグメントは、予測期間において最も急速な成長を遂げると思われます。この成長の原動力は、スマートフォンの普及及びインターネットユーザー層の拡大とともに、オンライン食料品店や食品配達プラットフォームが世界的に普及していることです。

一方、スーパーマーケット/ハイパーマーケットセグメントは世界市場を独占しており、これは主にヨーロッパや北米のような先進地域でスーパーマーケットやハイパーマーケットが強く存在するためです。これらのアウトレットは、これらの市場で食料品やその他の食品を購入するための一般的なチャネルです。

地域別洞察

アジア太平洋が世界のオーガニック食品及び飲料市場を独占し、2024年から2032年にかけて最も高い成長率を示すとみられます。この成長は、インドのような国々で、労働者階級やミレニアル世代の人口の間で調理済み食品の人気が高まっていることによるものです。中国、インド、日本は、食品に多額の消費支出を行う主要な市場として浮上しています。

2021年、中国国家統計局は、オーガニック果物及び野菜の個人平均消費量が年間105キロを超えたと報告しました。この国内消費動向は、国内のオーガニック食品及び飲料の生産と販売を推進する上で極めて重要な役割を果たしています。

特筆すべきは、インドがオーガニック食品生産者の最多数を誇り、世界のオーガニック生産者全体の30%を占めていることでした。さらに、インド農産物輸出開発庁の推計によると、同国では現在、年間1億トンの果物、2億トンの野菜が生産されています。

主要な企業:

  • General Mills Inc.
  • United Natural Foods, Inc.
  • Starbucks Corporation
  • WhiteWave Foods Co.
  • Amy's Kitchen, Inc.
  • Whole Foods Market Inc.
  • SpartanNash Company
  • Dean Foods Company
  • The Kroger Co.
  • Hain Celestial Group, Inc.

セグメンテーションの概要

世界のオーガニック食品及び飲料市場は、製品タイプ、プロセス、流通チャネル、及び地域に焦点を当てて分類されています。

製品タイプ別

  • オーガニック食品及び野菜
  • オーガニックの肉、魚、鶏肉
  • オーガニック乳製品
  • オーガニック冷凍及び加工食品
  • オーガニック非乳飲料
  • オーガニックコーヒー及び紅茶
  • オーガニックビール及びワイン
  • その他のオーガニック食品及び飲料

プロセス別

  • 加工済み
  • 未加工

流通チャネル別

  • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
  • 専門店
  • コンビニエンスストア
  • オンライン販売チャネル
  • その他

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨロッパー
    • 西ヨロッパー
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨロッパー
    • 東ヨロッパー
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨロッパー
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • 発行日 :
    Jun-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプの選択

699,165 円

854,535 円

1,009,905 円

お問い合わせ