日本パンケーキおよびワッフル市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート、: 製品別(ワッフル、パンケーキ)、流通チャネル別(ホスピタリティ、外食): 2024年から2032年までの機会分析および業界予測

レポートID : ROJP0724179  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

日本パンケーキおよびワッフル市場は、2023年から2032年までに2億0013万米ドルから2億4,001万米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 2.04%で成長すると予測されています。

過去10年間、市場は安定した成長を遂げてきました。。日本にはホットケーキ、どら焼き、クレープ、お好み焼きなど、様々な種類のパンケーキがあります。その中でも、最も人気があるなのは、厚くてふわふわした日本風パンケーキです。最近では、スフレパンケーキが人気を集め、東京でトレンディなデザートとなっています。その結果、創造的で美味しい日本風ふわふわパンケーキ(一般的にホットケーキと呼ばれる)を提供するパンケーキ店が多数出現しました。そのため、メーカーは顧客を引きつけ、市場の成長を促進するために、ホットケーキに似た風味のパンケーキミックスの生産に注力しています。

市場を牽引する要因 

国内旅行の増加と冷凍パンケーキおよびワッフルの需要拡大

日本では、多忙なライフスタイルの増加や共働き世帯の増加により、パンケーキやワッフルなどのベーカリー製品を含む冷凍食品の消費が拡大しています。これらの製品は調理や提供に便利であるため、忙しい時間帯の外食事業者、特に朝食に最適です。

その結果、パンケーキとワッフルの消費は日本のパンケーキとワッフル市場で大きな成長を示すと予想されます。新しいタイプの食品を試すこと、旅行への関心の高まり、郷土料理や各国料理の探求、可処分所得の増加といった要因が、日本ではパンケーキとワッフルが人気の朝食アイテムである外食施設に消費者を引き付けています。

新型コロナウイルスの発生後、日本の消費者は国内の観光地を訪れるようになり、国内観光客の増加につながりました。この国内観光客の増加は、2021年以降、外食産業の収益を大幅に増加させました。

外食消費の増加

日本の消費市場は高度に都市化されており、個人は多忙な生活を送っています。日本政府の報告書によると、労働者の5人に1人が週49時間以上働いています。長時間通勤、長時間労働、女性の雇用増加といった要因が、外出先での消費に便利な食品形態に対する需要を高めています。

主要都市では、ほぼ半数の世帯が単身世帯であり、その多くは一人暮らしの個人が占めています。これは、若者が以前の世代に比べて長期間一人暮らしをする傾向があるためです。その結果、一人暮らしの人々は、準備が簡単で実用的なシングルサーブの食事を選ぶ傾向があります。

この嗜好は外食の注文にも反映され、パンケーキレシピは日本で最も人気のある間食メニューの一つとなっています。今後10年間で単身世帯の数が増加すると予測されており、外食産業への支出も増加することが期待されています。その結果、フードサービス業界でのパンケーキおよびワッフルの販売も増加すると見込まれています。

市場機会

グルテンフリー製品に対する需要の高まり

近年、日本では消費者の消費パターンに大きな変化が見られます。日本の消費者はますます健康志向になっており、この傾向は特に高齢者人口の増加によって顕著です。その結果、グルテンフリー、アレルゲンフリー、砂糖フリーなどの健康志向の製品への移行が顕著になっています。

日本におけるグルテンフリー食品の需要は、グルテン不耐症の人々だけに限られていません。グルテン不耐症でない人々も、グルテンフリー製品の需要増加に貢献しています。これは、グルテンフリー食がもたらす健康上の利点に対する日本の消費者の意識が高まっていることを反映しています。

市場セグメンテーションの洞察

製品別

パンケーキセグメントは日本で最大の市場シェアを持っています。この独占力は、どら焼きやお好み焼きなどの料理の人気によって支えられており、日本市場での需要が強いです。さらに、西洋文化の影響の増加と観光業の成長により、パンケーキの需要が大幅に増加すると期待されています。

パンケーキやワッフルは通常、朝食として消費されるため、フードサービス事業者からの需要が非常に高いです。この需要は消費者のニーズを満たすために新鮮なパッケージが必要なほど大きく、その結果、新鮮な製品の需要が高まり、消費において重要なシェアを占めています。

冷凍食品の保存期間を延ばすためには防腐剤が必要ですが、日本の消費者は健康志向が強いため、冷凍食品の需要は主にシーフードに集中しています。その結果、日本市場ではパンケーキやワッフルを含む冷凍ベーカリー製品の需要は限られています。

流通チャネル別

ホスピタリティセグメントは2023年に最大の市場シェアを占めました。さらにシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、日本式ホテル、航空会社ラウンジに分けられます。中でもビジネスホテルが最も高いシェアを占めています。

2022年10月、日本を訪れた外国人観光客数は推定で206,500人に達しました。韓国からの観光客は32,700人、次いでベトナムからは30,900人、アメリカからは約18,000人、中国本土からは17,600人です。観光の増加に伴い、ホスピタリティセクターにおいてワッフルやパンケーキなどの食品の需要がさらに増加しています。これらの食品はアメリカや他の西洋諸国で多く消費されています。

外食セグメントはさらに、レストラン、クイックサービス、機関に分けられ、その中で機関が市場で最大のシェアを占めています。忙しいライフスタイルの増加、女性の労働力参加の増加、および高い識字率は、学校や職場などの機関においてパンケーキやワッフルなどの朝食製品の需要増加を促進する主要な要因です。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

日本パンケーキおよびワッフル市場は、製品および流通チャネルに焦点を当てて分類されています。

製品別

  • ワッフル
  • フレッシュ
  • 冷凍
  • パンケーキ
  • フレッシュ
  • 冷凍

流通チャネル別

  • ホスピタリティ
  • シティホテル
  • ビジネスホテル
  • リゾート
  • 和風ホテル
  • エアラインラウンジ
  • 外食
  • レストラン
  • クイックサービス
  • インスティテューショナル
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ