マレーシア洗車サービス市場 シェア、競争環境、トレンド分析レポート :タイプ別(トンネル、ロールオーバー/インベイ、セルフサービス、マニュアル)市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート: 2024年~2032年の機会分析と産業予測

レポートID : ROJP0724172  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

マレーシア洗車サービス市場は、2023年から2032年までに8億1310万米ドルから11億3750万米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 3.8%で成長すると予測されています。

自動車ディテイリングとは、自動車を可能な限り最良の状態に維持する活動であり、機械的なものとは異なり、主に美容的なものです。ディテーリングは、車内から目に見えない汚染物質や目に見える汚染物質を取り除き、外装を元の傷のない仕上げに磨き上げることで得られます。基本的なディテールの選択肢には、車内の掃除機がけ、車外のワックスと洗車、窓拭き、表面磨きなどがあります。

市場を牽引する要因

乗用車販売の拡大

全国的に乗用車の販売台数が増加しているため、洗車サービス市場の成長が見込まれます。自動車を所有する人が増えれば、定期的なメンテナンスや清掃の必要性も高まります。

さらに、多忙なライフスタイルの増加や都市化も交通量を増大させています。人口の大半が乗用車を所有しているため、こうしたサービスの需要は拡大しています。洗車センターが安価で簡単に利用できるため、これらのサービスへの需要が高まり、予測期間において市場成長を後押ししています。

例えば、2022年のマレーシア自動車協会(MAA)の報告によると、12月の新車販売台数は78,398台で、同月比2.3%増となりました。乗用車(PV)の販売台数は2.9%増の70,908台です。2023年の総販売台数は、2022年比10.9%増の799,731台と過去最高を記録しました。PV販売台数は12.0%増の719,160台でありました。12月のマレーシア自動車生産台数は前年比3.9%減の66,224台となりました。しかし、2023年通年の生産台数は774,600台となり、2022年比10.3%拡大しました。

市場の制約

水の過剰使用と汚染に対する懸念の高まり

洗車場は1日に大量の水を使用し、この水には油脂、グリース(FOG)界面活性剤、化学的酸素要求量(COD)などの廃水が含まれています。様々な製造業やその他の活動から発生する数種類の廃水の中で、洗車用水は最も重度に汚染された水の一つを象徴しています。

油、洗剤、グリース、界面活性剤、リン酸塩、その他様々な化学物質が含まれています。したがって、このような水を通常の排水システムに直接廃棄することは、すでに蔓延している水質汚染問題を悪化させる可能性があります。そのため、これらの要因が市場の成長を阻害しています。

市場機会

水なし洗車方法の普及と採用の拡大

水を使わない洗車サービスは、市場に大きな成長機会をもたらします。国内では様々な節水規制があり、環境に優しい洗車方法へのニーズが高まると予想されます。農業や工業の発展、人口の増加、住宅や商業施設のインフラ整備が水の使用量増加に寄与しています。国家水サービス委員会(SPAN)によると、2019年、マレーシアの1人当たりの1日の水消費量は230リットルです。

また、消費者は環境に優しい製品を使用し、洗車に必要な水の使用を最小限に抑えているサービスセンターに傾倒しています。さらに、政府が大通りや屋外、公共スペースでの洗車を禁止していることも、洗車サービスを利用する消費者の決断に影響を与えています。例えば、2020年9月、マレーシア政府は洗車とガーデニングの一時的な全面禁止を報告しました。また、断水の中、洗車場と商業ランドリーサービスに一時的な閉鎖通知を出しました。

現時点では、スチーム洗車サービスを提供する企業が人気を集めると予想され、解禁後は、最小限の水を使用する洗車センターが顧客の人気を集めます。従って、これらすべての要因が国内市場の成長を後押しします。

市場セグメンテーションの洞察

タイプ別

2023年、マレーシアの洗車サービス市場は手動洗車セグメントが収益面で独占的です。この成長は、自動洗車サービスと比較して、このサービスタイプのコストが低いことに起因しています。また、従来型の洗車方法がこの国市場の主要な牽引となっています。そのため、この市場におけるこのセグメントの成長を後押ししています。

しかし、ロールオーバー型/インベイ型洗車機セグメントが予測期間において市場を独占すると予想されます。これは、洗車サービス業界における自動車ディーラーの浸透が進み、その敷地内に自動洗車設備の設置が推進されているためです。

また、自動車ディーラーは、顧客満足度指数(CSI)のスコアを向上させるために自動洗車機を導入しており、その中でもインベイ洗車機が最も広く消費者に好まれています。これが、国内でのインベイ/ロールオーバー自動洗車サービスの拡大を後押ししています。

さらに、これらの洗車場は、マレーシアで最も独占的なタイプの洗車場です。便利で、素早く、安価に車をきれいにする方法であり、また、洗車の手順を見ることができる透明な出窓など、様々な洗車の選択肢を提供しています。これらのことが、ここ数年のマレーシアでの需要の高さにつながっています。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

マレーシア洗車サービス市場は、タイプ別に焦点を当てて分類されています。

タイプ別

  • トンネル
  • ロールオーバー/インベイ
  • セルフサービス
  • マニュアル
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ