世界腸溶性ソフトジェルカプセルの市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート - 用途別(健康補助食品、医薬品)、流通チャネル別(スーパーマーケット及びハイパーマーケット、薬局およびドラッグストア、オンラインプロバイダー): 2024年から2032年までの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424003  |  発行日 : 2024年04月  |  フォーマット :  :   : 

世界腸溶性ソフトジェルカプセル市場は目覚ましい成長を遂げており、2023年から2032年までに 24億米ドル から 35億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 4%で成長すると予測されています。

腸溶性ソフトジェルカプセルは、腸溶性コーティング技術を用いて製造されるソフトジェルカプセルの一種です。この方法は、pH値、におい、味など、医薬品や薬剤の特定の属性を保護するために、ソフトジェルカプセルにポリマーコーティングを施すことを必要とします。

市場ダイナミクス

市場促進要因

電子商取引産業の急速な発展

電子商取引の急速な進歩は、腸溶性ソフトジェルカプセル市場の成長を促進する極めて重要な要因として浮上しています。電子商取引プラットフォームは、メーカーがより幅広い消費者層にリーチできる便利で簡単にアクセスできるチャネルを提供することで、腸溶性ソフトジェルカプセルを含む医薬品や栄養補助食品の流通に革命をもたらしました。これにより、市場への浸透が著しく促進され、業界内の成長機会が大幅に促進されています。

電子商取引プラットフォームによって推進されるデジタルな状況は、市場における腸溶性ソフトジェルカプセルの認知度を大幅に向上させました。この知名度の向上は、購入プロセスの容易さと相まって、腸溶性ソフトジェルカプセル市場全体の拡大を促進する上で極めて重要な役割を果たしています。消費者は、かつてないほど簡単に腸溶性ソフトジェルカプセルを探索し購入できるようになり、市場の持続的成長に貢献しています。

市場の抑制

社会的及び倫理的義務

腸溶性カプセルの主な原料はゼラチンで、豚(豚ゼラチン)、海獣(海獣ゼラチン)、鶏(鶏ゼラチン)、牛などの家畜(牛ゼラチン)の組織、皮、骨に由来します。

腸溶性カプセルの製造には豚と牛のゼラチンが広く利用されているが、海洋ゼラチンはこれらのカプセルの製造のための代替供給源として役に立っています。しかし、これらの製品の採用は、社会的及び倫理的義務、特に宗教的規則による動物製品の使用禁止に関連して、予測期間において制約を受ける可能性があります。

このような制約を受け、非ゼラチンカプセルは製薬業界や栄養補助食品業界で徐々に受け入れられつつあり、非ゼラチンカプセル分野は今後数年で急成長が見込まれます。標準的なゼラチンカプセルの合成は、天然由来のゼラチンを調達するよりもかなり安価であることがよく知られています。このコスト差は、腸溶性ソフトジェルカプセルの大手メーカーを圧迫し、腸溶性カプセルの価格上昇につながっています。

さらに、幅広い種類の腸溶性カプセルを低料金で提供する地元企業が優勢であるため、特定地域における大手企業の地理的拡大が阻害され、その結果、腸溶性ソフトジェルカプセル市場が抑制されています。

市場機会

臨床試験への注目の高まり

腸溶性ソフトジェルカプセル業界は現在大きな成長を遂げているが、その主な理由は新しい技術や製剤の臨床試験に注目が集まっているためです。この進歩の顕著な例は、特殊化学品の著名なリーダーであるエボニックが2023年10月に発表したEUDRACAPに表れています。EUDRACAPは前臨床試験用の機能性経口カプセルで、腸溶性コーティングができるように設計されており、前臨床試験中に医薬品開発を最適化するための貴重な資産を製薬会社に提供します。

コスト、時間、変数を合理化することにより、EUDRACAP は医薬品開発プロセスの効率を大幅に向上させます。この革新的なアプローチは、方法論の進歩、継続的な改善環境の育成、臨床研究開発における能力の向上による市場成長の推進という業界の確固たるコミットメントに完全に合致しています。

セグメンテーションの洞察

用途別

腸溶性ソフトジェルカプセル市場では、健康サプリメントセグメントが2022年に最大の収益シェアを占め、予測期間において最も速い年平均成長率(CAGR)を達成すると予測されています。この成長は、予防医療への注目の高まり、フィットネスのトレンドの急増、健康への積極的なアプローチによるものです。さらに、消費者は栄養不足に対処し、免疫機能を向上させ、全体的な活力を高めるために健康補助食品を利用するようになっています。健康的な生活への関心の高まりと個別化されたウェルネスソリューションの採用により、健康補助食品の需要は引き続き堅調に推移すると予想されます。

流通チャネル別

薬局及びドラッグストアセグメントは、2022年の収益面で腸溶性ソフトジェルカプセルの最大市場シェアを占め、処方薬、市販薬、様々な健康管理必需品のための便利で信頼できる情報源を提供し、そのアクセスの広さから予測期間においてもリードを維持すると予測されています。必要不可欠な健康管理プロバイダーとして、薬局は健康管理エコシステムにおいて重要な役割を果たしており、必要不可欠なサービス、投薬カウンセリング、健康アドバイスなどを提供しています。

しかし、健康関連製品を含む商品やサービスの購入におけるオンラインプラットフォームへの依存度が高まっていることから、オンラインプロバイダーセグメントは予測期間において最も速い年平均成長率(CAGR)成長を示すと予想されます。自宅に居ながらにして健康サプリメントやその他の製品を閲覧、比較、購入できる利便性と、幅広い選択肢が利用可能であることが、オンラインプロバイダーの持続的な人気に寄与しています。

地域別概要

2023年には、北米が世界の腸溶性ソフトジェルカプセル市場を独占し、最大の収益シェアを占めました。この優位性は、この地域の確立された医療インフラ、高い医療費、健康志向の消費者と製薬企業のリーダーの存在など、いくつかの要因によるものです。

特に米国は、一人当たりの医療費が高いこと、効果的な代替治療のための研究開発に多額の投資が行われていること、ソフトカプセルに封入された健康食品や栄養補助食品の認知度や採用率が高まっていることから、北米の腸溶性ソフトカプセル市場で最大のシェアを占めています。

この地域の人々の健康とウェルネスに対する意識が常に高く、重視されていることが、健康補助食品と関連製品の消費の主要な推進力となっており、腸溶性ソフトジェルカプセル市場における同地域の優位性に寄与しています。さらに、生産技術の向上、地域内の大手企業の存在、製品ポートフォリオを拡大するための研究開発への支出の増加が、北米市場の力強い成長に寄与しています。

主要な企業:

セグメンテーションの概要

世界の腸溶性ソフトジェルカプセル市場は、用途、流通チャネル、及び地域に焦点を当てて分類されています。

用途別

  • 健康補助食品
  • 医薬品

流通チャネル別

  • スーパーマーケット及びハイパーマーケット
  • 薬局及びドラッグストア
  • オンラインプロバイダー

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ

  • ヨーロッパ
    • 西ヨーロッパ
    • イギリス
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その地の西ヨーロッパ

  • 東ヨーロッパ
    • ポーランド
    • ロシア
    • その地の東ヨーロッパ

  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋

  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA

  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Apr-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

699,165 円

マルチユーザーライセンス

854,535 円

法人ライセンス

1,009,905 円

お問い合わせ