世界の消費者向けサイバーセキュリティソフトウェア市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート:提供製品別(ウイルス対策ソフトウェア、ネットワークセキュリティ、個人情報盗難防止、インフラ保護ソフトウェア、パスワード管理ソフトウェア、その他)、展開形態別(オンプレミス、クラウド)、デバイスタイプ別(PC/ノートパソコンセキュリティソフトウェア、スマートフォンセキュリティアプリ、タブレットセキュリティソフトウェア、その他) : 世界のビジネスチャンス分析と産業予測、2024-2032年

レポートID : ROJP2024001  |  発行日 : 2024年03月  |  フォーマット :  :   : 

世界の消費者向けサイバーセキュリティソフトウェア市場は、2023年から2032年までに85.8億米ドルから204億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 10.1%で成長すると予測されています。

消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアは、個人や中小企業がサイバー脅威から守るために設計された様々なデジタルツールやテクノロジーを指します。これらの脅威にはマルウェア、フィッシング攻撃、データ侵害、その他の形態のサイバー犯罪が含まれます。消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアの利用は、個人や企業のデジタル資産を不正アクセス、データ盗難、その他の悪意ある行為から守るために非常に重要です。

市場ダイナミクス

市場促進要因

サイバー攻撃の増加:

詐欺、サイバー攻撃、窃盗行為の増加に伴い、様々な組織で消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアの統合が顕著に増加しています。さらに、組織内での消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアの採用は、意識の高まりと技術的介入による従業員の識別強化(KYE)、取引の監視とモニタリングの強化に役立っています。

2023年11月に発表された統計によると、個人情報の窃盗やクレジットカード詐欺、デビットカードと電子送金に関連する銀行詐欺は2021年から2022年にかけて約12%増加しました。これは、多くの金融機関が消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアソリューションを大規模に採用することを促進しています。

その結果、市場はさらなる成長を遂げています。また、新型コロナウイルスの大流行後にセキュリティサービスへの需要が世界的に増加し、医療や製造などの分野でデジタルサービスの利用が拡大したことも、市場の好転と成長を促しています。

市場の制約

実装コストの高さ:

消費者向けサイバーセキュリティソフトウェア産業のグローバルな成長は、関連する高コストによって妨げられています。これは、特に中小企業(SME)にとって、このようなソリューションへの投資を検討する際の課題となっています。2023年には、企業がサイバーセキュリティに約1688億ドルを費やしたと推定されており、2024年にはほぼ1922億ドルを割り当てる可能性があり、これは14%の大幅な増加を意味しています。

コストの上昇は、ソフトウェアライセンスの費用、ハードウェアの前提条件、脅威フィードの継続的なサブスクリプション、そしてこれらのソリューションを効果的に管理・利用するための熟練したプロフェッショナルの採用または訓練に必要な投資など、さまざまな要因によるものです。さらに、組織の特異な要件に適応するためのシステム統合とカスタマイズに関連する隠れた費用があるかもしれません。この財政的障壁は、限られたリソースを持つ組織の間で消費者向けサイバーセキュリティソフトウェアソリューションの採用を妨げる可能性があります。

市場の機会

先進技術の採用:

市場の成長に寄与する要因はいくつかあります。それらにはデジタル化、スマートなソフトウェアフレームワーク、最先端技術の採用が含まれます。さらに、IoTデバイスの採用増加、AI技術の進歩、自動化への需要の増加が予測期間中の市場成長を促進すると期待されています。

また、リアルタイムデータ処理を可能にし遅延を減少させるためのエッジコンピューティング技術の発展、およびサイバーセキュリティシステムのスケーラビリティ、柔軟性、コスト効率を高めるためのクラウドコンピューティングの採用が、市場の成長に寄与しています。政府の政策も市場拡大を推進する役割を果たしており、先進技術を受け入れ新しいデジタルセキュリティソリューションを統合するための取り組みが増加しています。

これらの傾向は、AI、IoT、クラウドコンピューティング、そして先進技術が、プロセスの最適化、顧客体験の向上、様々なセクターにおけるイノベーションの促進に与える顕著な影響を強調する、新興技術とデジタルトランスフォーメーションの統計と一致しています。

市場セグメントの洞察

展開モード別:

予測期間中に最も急速な成長が見込まれるのはクラウドセグメントで、クラウドベースの展開モデルの利点によって推進されます。このモデルは最小限の初期投資と低い維持費用を必要とし、特に中小企業にとって魅力的です。その結果、クラウドベースの消費者向けサイバーセキュリティソフトウェア市場は、顕著に拡大すると予想されます。

提供内容別:

2023年において、インフラ保護セグメントが全体の収益の最大のシェアを占めました。インフラ保護システムは、交通網、通信システム、社内運用資産などの物理的および仮想的な資産を保護するのに役立ちます。これは、組織の機能を支える重要な組織システムの安定性、セキュリティ、および回復力を確保するために不可欠です。市場は、政府機関、民間企業、セキュリティ専門家の間でより大きな協力を見ており、急速に進化する脅威環境においてリスクを特定し対応するための包括的で適応性のある保護フレームワークを開発しています。

クラウドアンチウイルスサービスは、ソフトウェアの完全なパッケージを購入するよりも、しばしば費用効果が高いです。これらのサービスには通常、ウイルススキャン、スキャンスケジューリング、レポーティング、ファイルのクリーンアップなどの人気のあるアンチウイルス機能が含まれています。さらに、システムのセキュリティを維持するために必要な処理能力が大幅に少なく、ユーザーのコンピュータはファイルシステムを定期的にスキャンするだけで、スキャンデータはクラウド技術によって処理され解釈されます。

地域別洞察

2023年において、北米はグローバル市場における最高の市場シェアを保持していました。この地域の拡大は、ビッグデータやインターネットオブシングス(IoT)などの技術の継続的な進歩に沿っています。さらに、地域内のIT企業の増加とその多様化されたビジネスが、エンドポイントデバイスの保護の必要性を生み出しています。

北米の政府も、組織のサイバーセキュリティに関する認識を高め、適切なサイバーセキュリティ対策の採用を奨励し支援するための取り組みを積極的に推進しています。これらの要因は、市場の成長を引き続き促進すると期待されています。

主要企業のリスト:

セグメンテーション概要:

世界の消費者向けサイバーセキュリティソフトウェア市場は、提供、展開モード、デバイスタイプ、地域に焦点を当てています。

提供別

  • ウイルス対策ソフトウェア
  • ネットワーク・セキュリティ
  • 個人情報保護
  • インフラ保護ソフトウェア
  • パスワード管理ソフトウェア
  • その他

展開モード別

  • オンプレミス
  • クラウド

デバイスタイプ別

  • PC/ノートパソコン用セキュリティソフトウェア
  • スマートフォンセキュリティアプリ
  • タブレット用セキュリティソフト
  • その他

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ

  • ヨーロッパ
    • 西ヨーロッパ
    • イギリス
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その地の西ヨーロッパ

  • 東ヨーロッパ
    • ポーランド
    • ロシア
    • その地の東ヨーロッパ

  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋

  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA

  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Mar-2024
  • 予想年 :
    2024-2032
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

699,165 円

マルチユーザーライセンス

854,535 円

法人ライセンス

994,368 円

お問い合わせ