ベトナム商用車市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:車両別(小型商用車、中型商用車、大型商用車)、タイプ別(トラック、バン、乗用車、特殊)、燃料タイプ別(ガソリン、ディーゼル、充電式(ECV)、ハイブリッド電気(HEV)、その他)、エンドユーザー別(物流、建設、鉱業、農業、その他): 2024年から2032年までの機会分析および業界予測

レポートID : ROJP0724181  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

ベトナム商用車市場は、2023年から2032年までに33.2億米ドルから68.5億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 8.35%で成長すると予測されています。

商用車とは、貨物輸送用に設計された四輪車のことです。小型車と大型トラックの重量差はメートルトン単位で表されます。この閾値は、国や業界の規制によって3.5トンから7トンまで幅があります。さらに、バスとコーチは乗客を運ぶために利用され、運転席を除いて8席以上の座席があり、最大質量は小型車を上回り、これも3.5トンから7トンの範囲に入ります。

市場を牽引する要因

工業化と都市化の進展

ベトナムの商用車市場は、近年大きな成長と変化を遂げています。ベトナムは東南アジアで最も急成長している経済国のひとつであり、工業化と都市化の進展により商用車需要が急増しています。町や都市に住む人口の割合は、1990年の20%未満から2022年には37.55%以上に上昇しています。

ベトナム政府は、2025年までに少なくとも45%の都市化率を達成し、2030年までに50%を超えることを目指しています。都市部は2025年までに国内総生産の約75%、2030年までに約85%を占めるようになると予想されています。中産階級の増加と消費者行動の変化による電子商取引と物流分野の拡大により、効率的な輸送ソリューションのニーズがさらに高まっています。

さらに、政府のインフラ開発イニシアティブと道路および輸送ネットワークへの投資により、商用車メーカーおよびサプライヤーが増大する需要を満たすための機会が創出されています。その結果、この要因が市場の成長を牽引します。

市場の制約

不十分な道路インフラ

ベトナムの商用車市場は、その成長と発展を妨げるいくつかの課題に直面しています。大きな障害の一つは、特に農村部における道路インフラの不備であり、これが商用車の効率的かつ信頼性の高い運行を阻害しています。

ベトナム政府はインフラに対する投資に大きな努力を払ってきましたが、これらの制約は依然として存在しています。高水準の投資にもかかわらず、道路インフラの開発における課題は、市場にとってコストの増加や物流の複雑化という問題を引き起こし続けています。

世界経済フォーラム(WEF)のレポートは、ベトナムのインフラ品質における競争力の弱さを、他の地域諸国と比較して浮き彫りにしました。世界銀行による交通インフラプロジェクトの分析では、ベトナムの15のプロジェクトが最大5年の遅れに直面しており、インフラの不備な状況をさらに悪化させていることが明らかになりました。不十分なインフラは、市場の成長を鈍化させ、ベトナムにおける商用車運行の全体的な効率性と信頼性に影響を与える重大なリスクをもたらします。

市場機会

技術の進歩

ベトナムの商用車市場は近年、著しい技術的進歩を遂げ、業界の変革につながっています。注目すべき進歩の一つは、従来の燃料自動車に代わる環境に優しい選択肢を提供する、電気およびハイブリッド技術の採用です。この変化は、物流業界における電気トラックなどの電気商用車に対する需要の高まりや、国内における電動化の促進に政府がますます注力していることが背景にあります。

さらに、テレマティクスやGPS追跡システムなどのスマート及び接続技術の統合が顕著であり、これにより車両性能や物流業務のリアルタイム監視が可能となり、フリート管理の効率が向上しました。これらの進歩は特に物流やサプライチェーン業界において有益であり、石油価格の変動や持続可能性への関心の高まりにより、低排出、燃費効率の高い高性能車両の需要が増加しています。

さらに、高度運転支援システム(ADAS)を含む車両安全システムの進歩が、道路安全の向上と事故率の低減に重要な役割を果たしています。メーカーはまた、燃費効率を高め、排出量を削減するために、軽量素材や空力デザインを取り入れています。

市場セグメンテーションの洞察

車両タイプ別

2023年、ベトナムの商用車市場において、ライト商用車(LCV)セグメントが最も高い収益シェアを記録しました。LCVは、貨物と乗客の輸送において予算に優しい選択肢と見なされています。これらの車両は様々な税制優遇を受けることができ、排出量の削減にも寄与しています。さらに、これらの車両は非常に汎用性が高く、貨物および乗客の両方を運ぶために適応させることができます。その費用対効果の高さは、セグメントの拡大にプラスの影響を与えると予測されています。

燃料タイプ別

2023年には、電動充電式(ECV)セグメントがベトナムの商用車市場を独占し、予測期間においても独占的であると予測されます。企業が持続可能な輸送ソリューションの利点を認識するにつれて、電動化のトレンドが勢いを増しており、このセグメントの成長を牽引しています。

電気商用車(ECV)は、二酸化炭素排出量の削減、運転コストの低減、エネルギー効率の向上を実現し、フリートオーナーや物流企業にとって魅力的な選択肢となっています。補助金、税制優遇措置、インフラ整備など、電動モビリティを推進する政府の取り組みが、市場の拡大をさらに後押ししています。バッテリー技術と充電インフラの進歩は、ECV普及の障壁を克服しつつあります。

その結果、ベトナムの商用車市場では、クリーンで効率的なソリューションを提供する電動車両への需要が急増すると予想されています。例えば、2023年には、公共交通機関向けに特別に設計された最先端の電動車両であるプロテラキャタリスト40フィートバスが、都市交通の持続可能性を向上させ、環境に対する影響を減少させるための持続可能で効率的なソリューションを提供しています。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

ベトナム商用車市場は、車両、タイプ、燃料タイプ、エンドユーザーに焦点を当てて分類されています。

車両別

  • 小型商用車
  • 中型商用車
  • 大型商用車

タイプ別

  • トラック
    • セミトラック
    • ボックストラック
    • ピックアップトラック
    • 消防車
    • その他
  • バン
    • ステップバン
    • カーゴバン
    • 乗用バン
  • 乗用車
    • レンタカー
    • タクシー
    • 配送車
  • 特殊車両
    • 旅客トロリー
    • RV型移動サービス
    • その他

燃料タイプ別

  • ガソリン
  • ディーゼル
  • 電動充電式(ECV)
  • ハイブリッド車(HEV)
  • その他

エンドユーザー別

  • 物流
  • 建設
  • 鉱業
  • 農業
  • その他
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ