タイテレヘルス市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:サービスタイプ別(リモート者モニタリング、リアルタイムインタラクション、ストアおよびフォワード、その他)、配信モード別(ウェブベース、クラウドベース、オンプレミス)、用途別(予防、検査、診断)、タイプ別(テレホスピタル、テレホーム)、エンドユーザー別(プロバイダー、支払者、患者、その他):  2024-2032 年の機会分析と産業予測

レポートID : ROJP0624162  |  発行日 : 2024年06月  |  フォーマット :  :   : 

タイテレヘルス市場は、2023年から2032年までに16億米ドルから159億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 29.1%で成長すると予測されています。

テレヘルスとは、リモートから医療サービスを提供するためのデジタル通信技術の利用を指しています。これには、テレヘルス診断、アドバイス、治療、モニタリング、ヘルスケアサービス(ビデオ会議、モバイルアプリ、セキュアメッセージングなど)を可能にするために通信機器を利用する幅広いアプリケーションやサービスが含まれます。

市場を牽引する要因 

患者エンゲージメントの強化

テレヘルスにより、患者は自宅やどこにいても医療サービスにアクセスすることができます。患者がテレヘルスを通じて医療提供者と関わることがより管理しやすいと感じるにつれて、こららのサービスに対する需要が高まり、市場の成長を後押ししています。患者の関与は、個人が自分の健康管理により積極的な役割を果たすことを可能にします。

テレヘルスプラットフォームを通じて、患者は個別の治療計画を受けたり、健康データにアクセスしたり、医療専門家とコミュニケーションをとったりすることができます。従来のヘルスケアサービスだけでなく、これらのサービスは通常、栄養相談やメンタルカウンセリングのような様々なウェルネスや健康サービスを提供しています。こうしたサービスには、総合的な健康増進に積極的に取り組む幅広い患者が集まります。そのため、患者のエンゲージメントの向上がタイ市場の牽引役となることが予想されます。

市場の制約

教育とトレーニングの不足

テレヘルスツールやシステムは技術的に発達しており、取り扱いが複雑な場合があります。そのため、医療専門家がテレヘルスプラットフォームやツールを効果的に使うには、一定の教育や訓練が必要かもしれません。トレーニングや知識の不足は、テレヘルス機能の完全な使用を妨げるかもしれません。

もし間違った方法で利用すれば、そのツールやシステムは患者に間違った結果をもたらすかもしれません。このようなシステムは、複数の患者データ、記録、処方を扱うため、適切な管理が重要です。そのため、これらのツールやシステムに関するトレーニングや教育の不足が、国内市場の成長を阻害していると見られています。

市場機会

人工知能(AI)の統合

AIモデルは患者データを分析し、その人固有の遺伝的体質、病歴、ライフスタイルの要因に基づいてパーソナライズされた治療計画を作成することができます。このレベルのパーソナライゼーションは、より効果的な治療と患者のアドヒアランス向上につながります。AIを搭載したバーチャルヘルスアシスタントやチャットボットは、基本的な医療アドバイスを提供したり、一般的な健康に関する質問に答えたり、慢性疾患の管理で患者をサポートしたりすることができます。

これにより、医療提供者の負担が軽減され、患者のエンゲージメントが向上します。従って、このような人工知能ベースのモデルをテレヘルスツールに統合することで、国内の市場にビジネスチャンスが生まれると見られています。

市場セグメンテーションの洞察

サービスタイプ別

2023年には、リアルタイムの患者との対話セグメントが収益面でタイのテレヘルス市場を独占しました。この成長は、テレヘルスにおける進行中の技術的進歩が、様々な健康関連の理由で適切な医療指導を探している人々のために、地方でサービスを提供する道を開いていることに起因しています。

また、医療保健のためのインターネット利用を支援し、医療施設への圧力を軽減し、AI、ビッグデータ、5Gのような技術の実装を強化するために政府によって実施されたイニシアチブは、リアルタイムの調整能力を可能にしました。このことは、この市場におけるこのセグメントの需要を促進すると予想されます。

しかし、遠隔患者モニタリングセグメントは予測期間において市場の伸びが見込まれています。これは、ビデオ会議システムの進歩、インターネットの利用、4Gまたは5Gネットワークの大幅な発展、予測期間においてセグメント成長に寄与すると予想される医療費の増加によるものです。

配信モード別

2023年には、ウェブベースのセグメントが収益面で市場を独占しました。この成長は、これらのソリューションがインターネットプロトコルを利用したウェブサーバーを介してユーザーに提供されるという事実に起因しています。ウェブとインターネットベースのサービスを利用することで、モニタリングデバイスやコンピューターが1台あれば、リモートでもアクセスできるようになります。

さらに、このデータをリアルタイムで分析し、アクセスすることができるため、意思決定に要する時間が大幅に短縮されます。また、このモードではデータが一カ所に集約されるため、あるシステムから別のシステムへデータを転送するのに必要な時間も短縮されます。したがって、これらすべての要因が市場のセグメント拡大を後押ししています。

しかし、予測期間においてはクラウドベースのセグメントが市場を独占すると予想されています。これは、この技術がソフトウェアやシステム、アプリケーション、サービスをリモートでホスティングし、インターネット経由でアクセスまたは利用できるためです。この技術の利用は、オンプレミスやウェブベースの展開における様々なセキュリティ侵害のために増加しています。

旧世代のシステムには、ソフトウェアやシステムをアップグレードするための定期的な投資が必要です。さらに、顧客やその他の利害関係者との情報交換は、情報技術インフラ要件の高まりやビジネスニーズの変容に伴い、重要な検討事項となっています。そのため、複数の大手企業がこの技術を活用しています。したがって、これらの要因は、予測期間を通じて市場におけるこのセグメントの成長を促進するのに役に立っています。

用途別

2023年には、診断セグメントが収益面で市場を独占しました。これは、政府の取り組みとテレヘルスサービスによって提供される様々な利点によるものです。政府は、特に軽症疾患の治療と診断のためにテレヘルスを導入することを推進し、奨励しています。また、より良いワークライフバランス、収益の増加、競争の減少、スケジューリングの柔軟性のような、これらのサービスによって提供される利点は、医療提供者の間でその採用を推進しています。これらの要因は、予測期間において市場のセグメント成長にプラスの影響を与えると予想されます。

しかし、予防セグメントは予測期間において市場を独占すると予想されます。これは、国内の医療制度が、医療費の増大、高齢化、慢性疾患の有病率の上昇、需要の増大、医療従事者の停滞や減少により、その持続可能性を脅かすプレッシャーにさらされているためです。

より持続可能なコストでより良い患者の結果を求める需要の高まりに応えるための価値ベースのヘルスケアに対する動きは、遠隔医療サービスの採用を促進すると予想されます。例えば、遠隔医療、放射線学、AIを統合することで、テレヘルスと患者ケアを変えることができます。この統合は、特にサービスが行き届いていない地域やリモートにおいて、医療サービスを提供する際の正確性、アクセス性、効率性を高めることを望んでいます。

タイプ別

2023年には、遠隔病院セグメントが収益面で市場を独占しました。これは、健康意識の高まり、簡単、迅速、手頃な価格のケアに対する需要の高まり、高齢者人口の増加が、同国におけるテレヘルスソリューションの需要に寄与している主な要因です。

さらに、主要なプレイヤーは、大きな成長機会を求めて、継続的にテレヘルスに投資しています。加えて、健康相談を必要とする患者の中には、不必要な病院受診を避けるために、対面診療ではなくオンライン診療を好む者もいます。

しかし、予測期間においてはテレホームセグメントが市場を独占すると予想されています。これは、特定のビデオ診察やアプリケーションを介して医療へのアクセスを容易にし、リモートロケーションの医師と患者の間のコミュニケーションを可能にすることで、診療所や病院への訪問の必要性を排除するという事実に起因しています。ビデオ診察は、患者が電話で医療専門家から医療サービスを受けることを可能にするため、拡大しています。これにより、不必要な予約や受診、通勤を避けることができ、不必要なコストを削減することができます。

エンドユーザー別

2023年には、プロバイダーセグメントが収益面で市場を独占しました。これは、政府の取り組みとテレヘルスサービスによって提供される様々な利点のためです。プロバイダーには、病院、医師および臨床医、診療所などの医療専門家が含まれます。病院への入院を減らし、病院のワークフローを強化するという需要の高まりが、医療提供者の間でのデジタルヘルス技術の採用を促進しています。

また、様々な民間および公的医療機関の間での協力やパートナーシップの増加は、テレヘルスサービスへのアクセスや採用を促進し、セグメントの成長を助けると予想されています。例えば、2023年9月、ドクターエニウェア(DA)は、マレーシア、タイ、シンガポール、フィリピンのアリアンツの国際医療会員に完全なテレヘルスサービスを提供するため、アリアンツパートナーズと提携しました。

しかし、予測期間においては患者セグメントが市場を独占すると予想されています。これは、テレヘルスプラットフォームによって、ビデオ通話、チャット、音声を通じて、様々な医師に相談できるようになるためです。テレヘルスは、患者が医師を訪問することに厳しい制限を課したパンデミックの間、医療へのアクセスを拡大するのに役に立ちました。

また、健康アウトカムと患者の経験を向上させるために、行動健全性のように、不足している場所での本質的なケアへの患者のアクセスを増強しています。さらに、医師不足のために女性の間でテレヘルスソリューションの採用が増加しており、生殖指導、出産前後のケア、その他のサービスにおけるサポートや相談に対する需要が高まっていることも、市場のこのセグメントの成長にプラスの影響を与えています。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

タイテレヘルス市場は、サービスタイプ、配信モード、用途、タイプ、エンドユーザーに焦点を当てて分類されています。

サービスタイプ別

  • 遠隔患者モニタリング
  • リアルタイムインタラクション
  • 保存と転送
  • その他

配信モード別

  • ウェブベース
  • クラウドベース
  • オンプレミス

用途別

  • 予防
  • 検査
  • 診断

タイプ別

  • 遠隔病院
  • テレホーム

エンドユーザー別

  • プロバイダー
  • 支払者
  • 患者
  • その他
Booklet
  • 発行日 :
    Jun-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ