シンガポール二酸化炭素市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート、: ソース別(水素、アンモニア、天然ガス、エタノール、その他)、フォーム別(固体、液体、ガス)、エンドユーザー産業別(食品および飲料、石油およびガス、医療、金属加工、廃水処理、電子機器、化学、その他): 2024年から2032年までの機会分析および業界予測

レポートID : ROJP0724178  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

シンガポール二酸化炭素市場は、2023年から2032年までに1億0350万米ドルから1億5,240万米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 4.4%で成長すると予測されています。

二酸化炭素(CO2)は、天然に存在する無色および無臭の気体で、1個の炭素原子が2個の酸素原子と結合したものです。乾燥した空気より60%密度が高く、地球の大気中に低濃度で存在し、温室効果ガスとして作用します。このガスは、水素製造のための天然ガス水蒸気改質やエタノール製造のための発酵のようなプロセスの二次生成物として、様々な産業で様々な目的で利用されています。その多様な性質により、様々な形で幅広い用途に利用されています。

市場を牽引する要因 

主要な産業における二酸化炭素需要の増加

シンガポールは、特に石油精製、化学製品、電子機器製造などの分野で強力な産業基盤を持っており、これらのプロセスには二酸化炭素の重要な需要があります。

例えば、シンガポールの石油化学産業では、油田での石油回収を強化するためや、石油製品の品質を向上させるための精製プロセスでCO2を利用しています。さらに、シンガポールの化学セグメントでは、水処理におけるpH調整、溶媒として、また尿素や重炭酸ナトリウムなどの化学製品の製造においてCO2を使用しています。

シンガポールでのCO2の需要は、これらの化学製品の生産と密接に関連しています。さらに、様々な分野にまたがるシンガポールの多様な産業基盤は、広範な用途にわたるCO2の需要を促進し、市場の成長と安定を支えています。

市場の制約

規制上の課題

シンガポールの環境規制と政策は、気候変動と闘い、温室効果ガスの排出を削減することを目的としています。これらの施策には、排出基準、炭素価格メカニズム、排出削減目標などが含まれます。CO2の生産と利用に携わる企業は、より厳しいコンプライアンス要件に直面する可能性があり、コスト増と経営上の課題につながります。

2019年、シンガポールはCO2を含む温室効果ガスの大量排出者に課される炭素税を導入しました。この税は企業に二酸化炭素排出量を削減するインセンティブを与えるもので、二酸化炭素に依存している産業に直接影響を与える可能性があります。炭素税の対象となる企業は、営業コストが上昇し、競争力に影響を与える可能性があります。

さらに、シンガポールの厳しい環境規制や政策は、コンプライアンスコストの上昇、炭素税の導入、代替技術の採用促進によって市場を抑制する可能性があります。

市場機会

CO2のCCS技術の採用

CCSは、鉄鋼、石油化学、セメントなどの重工業分野において、大規模にCO2排出を効果的に削減する、実績のある確実な方法の一つとして際立っています。このようにCCS技術の採用が拡大していることから、市場拡大に向けて有益な見通しが立っています。

CCSはコストのかかる技術ではあるが、排出ガスが環境に与える影響を緩和する上で重要な役割を果たしており、価値のある技術です。シンガポールにおけるCCSの導入は、今後数年間で増加すると予想されます。

その結果、シンガポールはもとより世界的に数多くの企業が炭素回収および利用技術の研究に着手し、持続的な市場成長への道を開いています。特に2024年3月には、エクソンモービルとシェルが共同で、シンガポールにおける二酸化炭素(CO2)排出量を削減するための国境を越えた炭素回収および貯留(CCS)プロジェクトの評価と推進を目的としたS-Hubコンソーシアムを設立しました。CCSは、特に脱炭素化が難しい産業において、大幅な排出削減を促進する上で極めて重要な役割を果たすと期待されています。

さらに、S-Hubとシンガポール経済開発庁(EDB)は2023年12月、2030年までに年間最低250万トンのCO2を回収し、安全に貯蔵する能力を持つCCSプロジェクトの計画および開発に協力する覚書に調印しました。この取り組みを進めるかどうかは、関係者間の最終的な合意が条件となります。したがって、これらの進展は市場成長のための重要な機会を提供する可能性があります。

市場セグメンテーションの洞察

ソース別

2023年、シンガポールにおける二酸化炭素の最大市場シェアは水素セグメントです。この市場における水素の重要性は、石油化学および精製プロセスにおけるその大幅な使用量によるものです。水素の需要は、副産物としてCO2を発生させる水素化分解や脱硫などの産業用途での使用によって煽られています。

さらに、クリーンエネルギーキャリアとしての水素を重視するトレンドが強まっており、持続可能性の目標に沿った緑および青水素製造法の革新が進んでいます。このトレンドは、予測期間においてこのセグメントの成長を促進すると予想されます。

アンモニアはまた、肥料製造や、火薬、冷媒、特定の医薬品用の硝酸アンモニウムを含む様々な化学物質の合成における前駆体として使用されるため、シンガポールでは二酸化炭素の重要な発生源として浮上しています。農業セグメントは、窒素ベースの肥料をアンモニアに依存しているため、二酸化炭素排出量に大きく寄与し、このセグメントの成長を後押ししています。

フォーム別

2023年、CO2業界では液体セグメントが最大の市場シェアを占めています。この液体形態は、気体のCO2を圧縮および冷却することで製造され、食品および飲料製造、化学製造、医療用途など様々な産業で広く使用されています。

ドライアイスとして知られる固体セグメントは、予測期間において大幅な成長が見込まれています。ドライアイスは、食品保存、医薬品、輸送など、冷蔵および冷凍に関連する産業で一般的に使用されています。

エンドユーザー産業別

2023年には食品および飲料セグメントが最大の市場シェアを占めました。清涼飲料水の炭酸化、生鮮品の保存期間延長、成熟油田からの石油生産量を増やすための増進回収法(EOR)などに使われます。

飲料業界における主な用途の一つは炭酸で、炭酸清涼飲料(ソーダ)や炭酸水などの飲料に溶かして、発泡性の泡を作り、爽快な品質を提供します。炭酸飲料の需要は常に高く、製品の安定した消費を保証しています。

炭酸ガスはまた、様々な食品の鮮度を保ち、賞味期限を延ばす上で重要な役割を果たしています。包装中の酸素を置換し、肉、果物、野菜などの生鮮品の酸化や劣化を遅らせる改良大気包装(MAP)ガスとして利用されています。

消費者の嗜好が進化し、食品および飲料分野が拡大するにつれ、この需要は引き続き堅調に推移すると思われます。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

シンガポールの二酸化炭素市場は、ソース、フォーム、エンドユーザー産業に焦点を当てて分類されています。

ソース別

  • 水素
  • アンモニア
  • 天然ガス
  • エタノール
  • その他

フォーム別

  • 固体
  • 液体
  • 気体

エンドユーザー産業別

  • 食品および飲料
  • 石油およびガス
  • 医療
  • 金属加工
  • 廃水処理
  • 電子機器
  • 化学
  • その他
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ