マレーシア料理用ココナッツミルク市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:製品タイプ別(ココナッツミルク、ココナッツミルクパウダー、ココナッツクリーム、ココナッツクリームパウダー)、フォーム別(液体、粉末)、流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、食料品店、オンライン小売):  2024年から2032年までの機会分析および業界予測

レポートID : ROJP0724180  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

マレーシア料理用ココナッツミルク市場は、2023年から2032年までに7646万米ドルから1億5,040万米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 7.81%で成長すると予測されています。

ココナッツミルクは、ココナッツの果肉を細かく砕いて水と混ぜ合わせ、濾したクリーム状の白い液体です。この万能食材は、スープ、カレー、青菜料理などの料理にコク、風味、豊かさを加えます。食糧農業機関のデータによると、ココナッツの栽培面積は過去5年間で大幅な伸びを示しています。

市場を牽引する要因

伝統料理におけるココナッツミルクの利用の増加

ココナッツは非常に用途の広い果物で、果肉も水分も消費に適しており、様々な製品に加工することができます。この豊富な原料資源は、メーカーに十分な供給力を提供し、消費者はココナッツを原料とする様々な食品を入手することができます。

多民族文化の多様性を象徴するマレーシアの伝統料理には、ココナッツミルクが重要な食材として使われています。このミルクは、食品の安定性に寄与するリン脂質の存在により、増粘剤や乳化剤として料理に使用されます。

HORECA(ホテル、レストラン、カフェ)分野からの高栄養価で低カロリーなココナッツミルク製品の需要が高まっています。マイルドな甘みで知られるココナッツクリームやミルクパウダーは、様々なレシピに広く使用されており、マレーシアの料理用ココナッツミルク市場の成長に寄与しています。また、国内のクイックサービスレストランの拡大も、この市場の成長を促進する要因となっています。

市場の制約

代替品の有無

ココナッツミルクと同様の栄養的および機能的特性を持つオート麦、米、豆乳、ヘンプミルクのような代替植物性ミルクがすぐに入手可能であることが、市場の成長を制限すると予測されています。さらに、オート麦や米のような植物性ミルクはココナッツミルクよりも一般的に栄養強化されているため、これらの代替品に対する消費者の関心が高まっています。

料理用ココナッツミルクは、他の植物性ミルクと比べて脂肪やカロリーが高く、タンパク質が少ないです。さらに、オートミルクは環境に優しいとされ、アーモンドミルクはカルシウム、ナトリウム、カリウムの良い供給源であるため、他の植物性ミルクが好まれる選択肢となっています。その結果、栄養価の高い他のミルクを選ぶ人が増え、市場の成長を妨げる可能性があります。

市場機会

消費者のビーガン志向

マレーシアは長い間、国民がおいしい料理を好むことで知られてきたが、世界的な健康志向の高まりとともに、マレーシアの消費者の食生活も進化しています。近年、マレーシアでは植物性食品の消費量が大幅に増加しており、国内のココナッツミルク産業拡大の新たな機会をもたらしています。例えば、ネスレは最近ASEAN地域で初の植物性食品製造施設をマレーシアに開設しました。

ベジタリアンで健康的な食生活を目指すこの動きは、中産階級の可処分所得の増加によって後押しされ、伝統的な乳製品よりもココナッツミルクやアーモンドミルクのような植物由来の代替品を選ぶことができるようになっています。さらに、マレーシアの料理用ココナッツミルクは、今後数年間で世界市場でより大きな市場シェアを獲得することが期待されています。

この変化には、動物福祉に対する意識の高まり、食物アレルギー、乳糖不耐症の蔓延など、いくつかの要因が寄与しており、これらすべてが植物性ミルクへの移行を促しています。さらに、菜食主義のライフスタイルの持続可能性に対する意識の高まりは、消費者に菜食主義のトレンドを取り入れるよう促し、料理用ココナッツミルク市場の成長をさらに促進しています。

市場セグメンテーションの洞察

製品タイプ別

2023年には、ココナッツクリームパウダーが家庭料理および産業用加工食品会社で広く使用されるため、主要なセグメントとして浮上しました。家庭ではココナッツミルクを必要とする料理に、食品加工業界ではベーカリーや製菓アイテム、HORECA分野に一般的に使用されています。また、一部の消費者は料理用途としてクリームパウダーを好む傾向があります。このセグメントの成長は、機能性食品および飲料を開発するための産業顧客の需要の増加によってさらに促進されています。

一方、ココナッツミルクおよびココナッツミルクパウダーのセグメントも、食品の調理に簡単に取り入れられるため、大きな注目を集めています。ミルクを作るために水と混ぜる必要があるココナッツクリームパウダーとは異なり、これらのセグメントは大きな関心を集めています。さらに、オーガニックバリアントのココナッツミルクの導入も、このセグメントの成長に寄与する可能性があります。

フォーム別

粉末セグメントは、粉末製品の利便性、保管および輸送コストの低さ、そして棚での安定性を保つ能力により、市場でのリーダー的地位を維持する可能性が高いです。このため、メーカーや個人消費者からの需要が増加しています。粉末製品は、通常のココナッツミルクに比べて手頃な価格で長い保存期間を持つため、その人気は将来的にさらに高まると予測されています。

流通チャネル別

流通チャネル別では、食料品店が大きなシェアを占めると予想されます。近代的な食料品店は売上収益の45%近くを占めており、家庭で必要なものを購入するのに最も好まれる小売チャネルです。伝統的な食料雑貨店は、量販店と積極的に競合しています。これらの食料品小売業者は、注文や配送プロセスを容易にするオンラインプラットフォームやモバイルアプリケーションを提供することで、ハイテクに精通した顧客にアピールしています。

スーパーマーケット/ハイパーマーケットセグメントは、都市部や半 都市部の消費者が一般に好む小売チャネルであり、一つ屋根の下 で数多くの商品を購入できるため、2番目に人気があります。これらのスーパーマーケットでは、まとめ買い割引やクーポン券がよく配布され、消費者を引き付けています。さらに、拡大するスーパーマーケットチェーンとネットワークは、新たな成長機会をもたらしています。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

マレーシア料理用ココナッツミルク市場は、製品タイプ、フォーム、流通チャネルに焦点を当てて分類されています。

製品タイプ別

  • ココナッツミルク
  • ココナッツミルクパウダー
  • ココナッツクリーム
  • ココナッツクリームパウダー

フォーム別

  • 液体
  • 粉末

流通チャネル別

  • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • 食料品店
  • オンライン小売
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

341,814 円

マルチユーザーライセンス

497,184 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ