世界のロイヤルティ管理市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート - タイプ別(顧客維持、顧客ロイヤルティ、チャネルロイヤルティ)、企業規模別(大企業、中小企業)、産業分野別(小売、銀行、金融サービス、保険、旅行及びホスピタリティ、製造、情報通信技術、メディア及びエンターテイメント、健康管理、その他): 2024年から2032年までの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424023  |  発行日 : 2024年04月  |  フォーマット :  :   : 

世界のロイヤルティ管理市場は、2023年から2032年までに67億9000万米ドルから453億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 23.5%で成長すると予測されています。

ロイヤリティ管理は、顧客を引き付け、関与させ、維持するためのプログラムやイニシアチブを構築することに焦点を当てた戦略的なビジネスアプローチです。このアプローチでは、ブランドが長期的な特典や経験、報酬を提供することで、適切な顧客層を効果的に取り込むことを目的としています。ロイヤリティ管理の主な目的は、単に利益の最大化を優先するのではなく、顧客に実質的な価値を提供することにあります。例えば、企業は即座に利益を生み出す顧客や、簡単に引き付けることができる顧客ではなく、長期的な関係を築くことができる顧客をターゲットにすることが可能です。

市場ダイナミクス

市場を牽引する要因小売業界における急速なデジタル変革

小売業界における急速なデジタル変革が、世界のロイヤルティ管理市場を牽引しています。モバイルアプリやオンラインプラットフォームなどの革新的なデジタルロイヤルティエンゲージメントプラットフォームを通じて、、小売企業は様々なタッチポイントで顧客と効果的に関わることがが可能になっています。デジタルロイヤルティカード、パーソナライズされたオファー、モバイルウォレットなど、最新のロイヤルティプログラムを支える注目すべきツールは、小売業界におけるロイヤルティマネジメントソリューションの需要拡大に大きく拡大しています。これらの技術進歩は、市場のさらなる成長を促進すると考えられます。。

小売業におけるロイヤリティ管理ソフトウェアの導入は、単に取引を超えた、ブランドと顧客の間の感情的な結びつきを築くことを目的としています。限定割引や特別オファー、VIP待遇などをを提供することで、企業は顧客に自社ブランドに長期的なロイヤリティを持続させる動機づけを行うことができます。。したがって、小売業界におけるロイヤリティ管理プログラムの主な目的は、顧客ベースの維持と育成にあります。

市場の制約

認識不足

ロイヤリティプログラムに対する認識の不足は、ロイヤリティ管理市場の成長を妨げる一因となり得ます。多くのロイヤリティプログラムの会員が自分のポイント残高を限定的にしか把握しておらず、具体的な交換目標を持っていないことが明らかになっています。。この課題に対応するためるとともに、特に関連するロイヤリティ特典を前面に出して積極的に認知度を上げようとしています。。しかし、多くの企業ではロイヤリティベネフィットの認知度向上よりも商品のマーケティングやプロモーションを優先し、結果として市場の成長を制約しています。

ロイヤリティプログラムの普及を促進し、その効果を最大化するためには、ロイヤリティプログラムのメリットや価値に関する認知度を高めることが非常に重要です。ロイヤリティプログラムに関連するメリットや特典について消費者に情報提供し、教育する取り組みを優先することで、企業は認の不足という障害を克服しし、ロイヤリティ管理市場の拡大をを加速させることができます。。

市場機会

先端技術の採用

ビッグデータ、機械学習、先端技術の利用の増加が、ロイヤルティ管理市場の成長を促進する土壌を整えました。ビッグデータ概念を取り入れることで、顧客関係管理(CRM)戦略に新たな時代が幕を開けました。ビッグデータ分析により、組織は顧客の行動、習慣、嗜好を理解し、長期的なロイヤルティ関係の構築に向けたカスタマイズされたマーケティングプランを開発することが可能になります。

さらに、AIを搭載したプログラムは、膨大なデータ(ビッグデータ)を分析して自己学習し、時間の経過とともに改善することができます。こうした機械学習アプリケーションは、顧客体験をパーソナライズする新たな機会を開きます。アナリティクスはまた、顧客直販ブランドにも大きな利点を提供します。

例えば、ネスプレッソは多くのコーヒーメーカーにIoTセンサーを組み込んでおり、各ユーザーの使用頻度の高いカプセルや飲用習慣に関する情報を収集しています。ネスプレッソはこの知識を活用し、個人の嗜好に合わせたカスタマイズを行っています。同様に、ネスレのもう一つのブランドであるネスカフェドルチェグストは、オラクルのクラウドベースの電子メールマーケティング実装を活用して、消費者への効果的なリーチ、コンバージョン、クロスセルを実現しています。

セグメンテーションの洞察

タイプ別

2023年、顧客維持セグメントはロイヤルティ管理市場でトップの座を占めており、今後数年間もその優位性が続くとみられます。これは、既存顧客の維持は新規顧客の獲得よりも費用対効果が高いことが多く、企業がロイヤルティプログラム、パーソナライズされたコミュニケーション、ターゲットを絞ったプロモーションに投資し、全体的な顧客体験を向上させることを促しているという理解によるものです。

しかし、顧客ロイヤルティセグメントは、進化する消費者の期待に後押しされ、最も高い成長を遂げると思われます。顧客がパーソナライズされた、やりがいのある体験を求めるようになるにつれ、企業はロイヤルティ戦略を革新することで適応しています。

企業規模別

2023年、大企業セグメントがロイヤルティ管理市場で最大のシェアを占めており、この優位性は今後も続くとみられます。これは主に、これらの企業がインセンティブや報酬の提供を通じて顧客維持率の向上に注力しているためです。さらに、競争力を維持するために大企業が顧客ロイヤルティソリューションに多額の投資を行っていることも、この分野の成長に寄与しています。ロイヤルティ管理ソリューションを導入する際、これらの企業はフレームワーク連携の簡素化、適応性の向上、データ保護などの要素を優先します。こうした企業の強固な財務力が先進的なロイヤリティ管理ソリューションの導入を可能にし、このセグメントの成長をさらに後押ししています。

産業垂直別

ホスピタリティセグメントは、予測期間において年平均成長率(CAGR)が上昇すると予想されています。この成長は、顧客体験の向上とブランドロイヤルティの育成を目的としたロイヤルティ管理ソリューションが、レストラン、ホテル、リゾートで広く採用されているためです。

ホスピタリティロイヤリティプログラムには、パーソナライズされたリワード、ポイントシステム、パートナーシップリワードなど、様々なものがあります。一般的なリワードに加え、ゲストは、無料インターネットアクセス、次回以降のラグジュアリースイートの割引、飲食サービスの即時交換、ブラックアウト(除外日)の廃止などのサービスベースのリワードも利用できます。

このようなロイヤリティプログラムへの多面的なアプローチが、ホスピタリティセグメントで見られる顕著な成長に寄与しています。これは、事業所が顧客との関係を強化し、競争の激しい市場で提供するサービスの差別化を図るためです。

地域別分析

世界のロイヤルティ管理市場において、アジア太平洋は高い年平均成長率(CAGR)を記録する見通しです。この成長は、インターネットに接続されたデバイスの普及、中小規模の新興企業の台頭、インターネットの高い普及率など、いくつかの主要な要因によるもので、これらすべてが同地域のロイヤルティ管理市場の成長を促進すると考えられます。

タイでは、インターネットバンキングの取引量が大幅に増加し、2022年には前年比約6億380万件に達しました。同様に、タイにおけるモバイルバンキングの取引量は約228億件に急増し、前年比で大幅な伸びを示しています。このようなデジタル取引の急増により、金融機関は顧客維持のために新たなロイヤリティプログラムの導入を促し、この地域におけるロイヤリティ管理ソリューションの需要を牽引することになります。

中国はアジア太平洋の中でも傑出した地域であり、数多くのユニコーン企業の拠点となっています。この地域における新興企業やオンラインショッピング利用者の急増は、この地域内外での市場シェア拡大を目指し、国内外の企業に新たなロイヤリティプログラムの導入に拍車をかけています。

ロイヤリティプログラムの人気は、通信会社から電子商取引サイトやコンビニエンスストアに至るまで、日本の様々な分野に及んでいます。このようなロイヤルティプログラムの普及が成長を促進し、さらなる収益を生み出しています。注目すべきは、ホスピタリティグループがロイヤリティプログラムサプライヤーと戦略的提携を結び、会員に迅速にアクセスすることで、日本での市場シェアを強化していることです。

主要企業のリスト:

セグメンテーションの概要

世界のロイヤルティ管理市場は、タイプ、企業規模、産業垂直、地域に焦点を当てて分類されています。

タイプ別

  • 顧客維持
  • 顧客ロイヤルティ
  • チャンネルロイヤルティ

企業規模別

  • 大企業
  • 中小企業

産業別

  • 小売
  • 銀行、金融サービス、保険
  • 旅行及びホスピタリティ
  • 製造業
  • 情報通信技術
  • メディア及びエンターテイメント
  • 健康管理
  • その他

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨーロッパ
    • 西ヨーロッパ
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨーロッパ
    • 東ヨーロッパ
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨーロッパ
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Apr-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

0 円

マルチユーザーライセンス

0 円

法人ライセンス

0 円

お問い合わせ