世界の体外受精装置及び消耗品市場の規模、シェア、競争環境及び動向分析レポート- 製品別(器具、アクセサリー及び消耗品、試薬及びメディア)、技術別(新鮮胚体外受精、凍結胚体外受精、ドナー卵子体外受精)、エンドユーザー別(不妊治療診療所、病院、手術センター、臨床研究機関): 2024-2032年におけるまでの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424002  |  発行日 : 2024年04月  |  フォーマット :  :   : 

世界の体外受精装置及び消耗品市場は、様々な影響を受けて大幅に拡大しています。2023年から2032年までに 26億米ドル から119億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 18.4%で成長すると予測されています。

体外受精(IVF)は、生殖の障害を克服し、遺伝的問題に対処するために考案された広範な不妊治療です。このプロセスでは、卵巣から成熟した卵子を採取し、実験室内で精子と受精させます。その結果生じた胚は、短期間育成された後、一つ以上が選ばれ、妊娠を開始するために女性の子宮に入れられます。体外受精は、様々な原因による不妊に対処するために頻繁に利用され、自然妊娠が困難な個人やカップルに治療法を提供します。

市場促進要因

不妊症の増加

不妊症の蔓延は世界的な大きな関心事であり、全世界でおよそ6人に1人が一生の間に不妊症の影響を受けています。世界保健機関(WHO)が発表した報告書によると、成人人口の約17.5%、世界全体ではおよそ6人に1人が不妊を経験しており、不妊治療を必要とする人々のために、安価で質の高い不妊治療へのアクセスを向上させることが急務であることが強調されています。

不妊症の有病率は、高所得国、中所得国、低所得国のいずれにおいても同程度であり、不妊症が世界的な健康上の大きな課題であることを示しています。不妊症の生涯有病率は、高所得国では17.8%、中低所得国では16.5%と推定されました。さらに、現在または過去のある時点で不妊症である人の割合を示す不妊期間有病率は、2022年には12.6%でありました。

不妊症の増加により、体外受精や卵子凍結保存などの不妊治療に対する需要が高まっています。妊娠遅延の傾向は、加齢による生殖能力の低下と相まって、不妊治療に対する需要の増加に寄与しており、体外受精機器及び消耗品市場の成長をさらに促進しています。

市場の抑制

体外受精の高額な治療費と体外受精に伴う合併症

体外受精治療の高額な費用と、特に低開発経済圏における体外受精に関連する潜在的な合併症に関連する課題は、市場成長にマイナスの影響を与える可能性があります。例えば、卵巣刺激、採卵、胚移植を含む1回の体外受精(IVF)サイクルは、施設や患者個人の投薬ニーズにもよるが、15,000米ドルから30,000米ドルの幅があります。薬代は、これらの料金の最大35%を占めることもあります。

国際生殖補助医療学会連合が2019年に実施した生殖補助医療(ART)の実践と政策に関する調査では、報告国の半数以下(47%)がARTに何らかの財政的支援を提供していることが判明しました(2016年に実施された前回調査では64%)。

さらに、ARTサービスの全額払い戻しを実施している報告国はわずか20%でした。オーストラリアのように、国民皆保険制度であるメディケアのもとで助成される体外受精治療の回数に制限がない国でさえ、助成は一部のみであり、カップルはかなりの自己負担を強いられています。

さらに、体外受精は、高血圧、妊娠糖尿病、未熟児、その他の周産期合併症などの合併症のリスクの増加と関連しています。高血圧に関連した合併症は母体や胎児に影響を及ぼす可能性があり、妊娠の2-3%で観察されます。慢性高血圧とは、妊娠前から高血圧であり、妊娠20週までに診断されたもの、または産後12週経っても高血圧が治らないものと定義されます。

体外受精に伴う高額な費用と潜在的な健康リスクの組み合わせは、市場の成長にとって大きな課題となる可能性があります。体外受精を含む不妊治療が、必要な人々にとってアクセスしやすく、安全で、手頃な価格で受けられるようにするためには、こうした課題に対処することが不可欠です。

市場トレンド

体外受精における人工知能の統合

生殖科学の分野における人工知能の急速な統合は、カップルの生殖能力の評価から体外受精サイクルの成功率の予測に至るまで、体外受精診療所の様々な側面に革命をもたらしています。最先端の高解像度画像処理技術は、胚の質を解釈し評価するために利用され、胚の正確な等級付けと選択に役に立っています。その結果、この開発は急成長する世界市場の原動力となっています。

自動化は人工知能の極めて重要な利点であり、生産性と効率の向上をもたらします。発生学研究所に導入された人工知能は、配偶子、胚、患者、スタッフの安全性を高める可能性を秘めています。さらに、不妊治療の標準化は、胚のグレーディング、精液分析、胚及び卵子の凍結保存、品質管理、品質保証のような、手間のかかる、認知的で、手作業で、時間のかかる作業を自動化し、排除することによって達成することができます。

セグメンテーションの洞察

製品別

付属品及び消耗品セグメントは、主に卵子回収、精子分析及びスクリーニング、配偶子処理などの様々な体外受精手順において重要な役割を果たすことから、2023年の世界の体外受精機器及び消耗品市場をリードしました。

しかし、機器セグメントは予測期間において最も高い年間平均成長率(CAGR)を示します。これは、技術の進歩、不妊治療の精度向上、洗練された機器への需要の高まりによるもので、体外受精機器市場をさらに後押しします。

技術別

新鮮胚IVFセグメントは、2023年に世界のIVF機器及び消耗品市場を独占しました。これは主に、新鮮胚移植に関連する高い成功率、多胎妊娠リスクを低減するための単一胚移植の嗜好の増加、及び新鮮胚の発育条件を最適化する培養培地及び培養技術の進歩によるものです。

しかし、凍結胚IVFセグメントは、予測期間において最も高いCAGRを記録すると予想されます。これは、凍結胚移植によって提供される柔軟性と利便性、及び改善された妊娠転帰や合併症のリスクの低減など、凍結胚移植の潜在的な利点の意識の高まりに起因し、その人気の上昇に貢献し、したがって、IVFデバイスの市場規模を後押しします。

インドユーザー別

2023年の世界のIVF機器及び消耗品市場では、不妊治療診療所分野が最大のシェアを占めており、予測期間においての年平均成長率(CAGR)も最も高くなると予測されています。これは、熟練した医療専門家や高度な検査施設が存在し、不妊治療の成功率向上に寄与しているためです。さらに、生殖補助医療(ART)が実行可能なソリューションとして受け入れられつつあることや、包括的な不妊治療サービスを提供する上で不妊治療診療所が極めて重要な役割を担っていることが、このセグメントの成長をさらに後押ししています。

地域別分析

2023年の体外受精機器及び消耗品市場では、アジア太平洋が大きなシェアを占めており、予測期間において最も高い年平均成長率(CAGR)を記録する可能性があります。これは、不妊治療に対する意識の高まりや不妊治療の受容、社会文化的規範の変化などが、この地域における体外受精機器の需要拡大に寄与しているためです。加えて、子作りの遅れ、ライフスタイルの変化、不妊症の増加といった要因が、体外受精の採用をさらに後押ししています。

さらに、医療インフラの成長、医療技術の進歩、不妊治療のための医療ツーリズムの急増は、体外受精手順へのアクセシビリティを高め、それによって体外受精機器市場規模を推進しています。また、生殖健康障害の有病率の増加や政府の支援策も、アジア太平洋における体外受精機器及び消耗品市場の拡大を促進する上で極めて重要な役割を果たしています。

主要な企業:

セグメンテーションの概要

世界の体外受精装置及び消耗品市場は、エンドユーザー、製品、技術、及び地域に焦点を当てて分類されています。

インドユーザー別

  • 臨床研究機関
  • 不妊診療所
  • 病院
  • 外科センター

製品別

  • 器具
    • 精子分離システム
    • クライオシステム
    • インキュベータ
    • イメージングシステム
    • 卵子吸引ポンプ
    • キャビネット
    • マイクロマニピュレーター
    • その他
  • アクセサリー及び使い捨て品
  • 試薬及び培地
    • 凍結保存培地
    • 精液処理培地
    • 卵子処理培地
    • 胚培養培地

技術別

  • 新鮮胚体外受精
  • 凍結胚体外受精
  • ドナー卵子体外受精

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨロッパー
    • 西ヨロッパー
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨロッパー
    • 東ヨロッパー
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨロッパー
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Apr-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

683,628 円

マルチユーザーライセンス

838,998 円

法人ライセンス

1,009,905 円

お問い合わせ