世界の冷凍鶏肉市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:タイプ別(鶏胸肉、鶏もも肉、鶏ドラムスティック、鶏手羽先、その他)、製品別(チキンナゲット、チキンポップコーン、チキンフィンガー、チキンパテ、その他)、流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン小売): 2024年から2032年までの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424009  |  発行日 : 2024年06月  |  フォーマット :  :   : 

世界の冷凍鶏肉市場は、2023年から2032年までに239億米ドルから470億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 7.8%で成長すると予測されています。

冷凍鶏肉とは、鮮度を保ち賞味期限を延ばすために、冷凍温度にさらした鶏肉です。これは鶏肉の温度を氷点以下、通常は摂氏マイナス18度ルシウス(0度ファーレンハイト)またはそれ以下に下げることが含まれます。この急速冷凍プロセスは、肉を腐らせる原因となる細菌などの微生物の成長を遅らせるか停止させるのに役立ちます。冷凍鶏肉は、品質が著しく低下することなく長期間保存できる、便利で入手しやすい食品です。

市場ダイナミクス

市場促進要因

長い賞味期限及び調理済み食品の需要

冷凍鶏肉は生鮮鶏肉に比べて賞味期限が長いため、消費者は腐敗を心配することなく鶏肉を買いだめすることができ、買い物に行く頻度を減らすことができます。18℃で保存された冷凍鶏肉の賞味期限は7~18ヵ月であるのに対し、チルド鶏肉の賞味期限は約1週間です。

米国農務省によると、冷凍鶏肉は-18℃以下で冷凍し続ければ「無期限に安全」です。つまり、適切に包装され保存された冷凍鶏肉は、ほぼ無期限に保存できるということがありました。ただし、安全性を保つためには、表示された期限までに調理するか、冷凍保存することが重要でした。

冷凍の鶏肉製品は、カット、マリネ、味付けが済んでいることが多く、食事の準備が素早く簡単にできます。これは、多忙な個人や多忙なスケジュールの家族にとって有利です。さらに、冷凍チキンは保存が簡単で、最小限の準備で済みます。

冷凍鶏肉市場の成長は、腐敗のリスクなしに長期間保存できるため、食品廃棄を減らすのに役に立っています。消費者は必要な分だけ使い、残りは将来のために冷凍庫に残しておくことができます。

市場の抑制

冷凍鶏肉製品の輸送遅延

冷凍鶏肉市場は、製品の品質と安全性を確保するために効率的で信頼性の高いサプライチェーンに大きく依存しており、これが市場の成長に影響を与える可能性があります。輸送は冷凍チキンのサプライチェーンにおいて重要な役割を担っており、遅延、故障、生産能力の問題など、いかなる混乱も市場への製品納入の大幅な遅れにつながる可能性があります。

冷凍鶏肉は、その品質と安全性を維持するために、輸送中の特定の温度条件が要求されるため、これは特に重要です。輸送中の温度管理の失敗や変動は、製品の腐敗や劣化を引き起こす可能性があります。

さらに、冷凍鶏肉の品質と安全性を維持するためには、低温貯蔵施設が不可欠です。停電や設備の故障、インフラの不備は冷蔵倉庫の故障につながり、ひいてはサプライチェーン全体や製品の品質に影響を及ぼす可能性があります。

加えて、国境を越えた貿易や国際的なサプライチェーンは、通関手続き、規制遵守、文書要件に関連する課題に直面する可能性があります。これらの障壁は冷凍鶏肉製品の輸送の遅れにつながる可能性があります。したがって、これらの要因は世界市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

市場機会

冷凍及び包装技術の改善

冷凍鶏肉市場は、冷凍鶏肉製品の保存期間と品質を向上させる改良された冷凍及び包装技術の開発により、大きなチャンスを迎えています。

IQF技術により、鶏肉片を別々に凍らせることができ、大きな氷の結晶の形成を防ぎ、解凍時の食感と風味をより良く保つことができます。他の冷凍方法と比べ、IQF技術は鶏肉製品の冷凍において、より良い品質、より良い外観、より多くのビタミンとミネラルを提供します。また、他の食品保存方法と比べて、ポーションコントロール、廃棄物の削減、時間の節約といった利点もあります。

製品の周囲の雰囲気をコントロールする包装は、酸素、二酸化炭素、窒素のレベルを調整することで、賞味期限を延ばし、冷凍鶏肉の品質を保つことができます。真空シール技術を強化することで、包装から空気を除去し、冷凍焼けのリスクを減らし、冷凍鶏肉の鮮度を維持することができます。温度、鮮度、腐敗の可能性をモニターするセンサーやインジケーターをパッケージに組み込むことで、消費者を安心させ、製品の品質を向上させることができます。

セグメンテーションの洞察

タイプ別

2022年には、鶏ドラムスティックセグメントが市場を席巻し、カット済みですぐに調理できる利便性を提供しました。これは、手早く簡単な食事ソリューションを求める消費者、特に忙しいライフスタイルの消費者にアピールします。

鶏ドラムスティックは万能で、焼く、焼く、揚げる、バーベキューなど様々な調理法があります。この汎用性の高さが、多様で風味豊かな食事の選択肢を求める消費者の間で人気となっています。

さらに、鶏ドラムスティックは他の鶏肉よりも手頃な価格であることが多く、価格に敏感な消費者にとって魅力的な選択肢となっています。この値ごろ感は、特に価格に敏感な市場において、販売量の増加を促進すると思われます。

さらに、鶏肉は一般的に赤身のタンパク質源と考えられており、消費者は他の肉類と比較してチキンドラムスティックをより健康的な選択肢と考えるかもしれません。これらの要因が、予測期間の冷凍チキン市場規模を後押しします。

製品別

2022年には、チキンナゲットセグメントがその利便性及び調理のしやすさによって市場を席巻しました。チキンナゲットは手軽で簡単な食事の選択肢であるため、便利で時間の節約になる食品ソリューションを求める多忙な消費者にとって魅力的です。現代のライフスタイルは慌ただしいスケジュールを伴うことが多く、すぐに食べられる食品オプションの需要増に

つながっているが、チキンナゲットはこの傾向にうまく適合しており、手早く手間のかからない食事ソリューションを求める消費者に対応しています。

チキンナゲットは、単体のスナックとしても、食事の一部としても、また様々なレシピにも使える万能性があり、食の選択に柔軟性を求める消費者にアピールしています。さらに、チキンナゲットは小さくて一口サイズであること、親しみやすい味であることから、しばしば子どもたちに人気があり、家族向けの選択肢となっています。こうした要因が、予測期間の冷凍チキン市場規模を後押しすると思われます。

流通チャネル別

2022年には、スーパーマーケット/ハイパーマーケットセグメントが世界の冷凍鶏肉市場を独占しました。スーパーマーケットやハイパーマーケットは、多様な冷凍鶏肉製品を含む幅広い品揃えで有名です。これらの製品は、様々な嗜好や調理の嗜好に応えるために、様々な種、カット、調理スタイルを包含しており、それによってこのサブセグメント内の大幅な成長を牽引しています。

消費者は冷凍鶏肉製品の品質と安全性に大きな期待を寄せており、スーパーマーケットやハイパーマーケットはこうした需要に応える上で重要な役割を果たしています。スーパーマーケットやハイパーマーケットでは、厳格な品質管理、適切な表示、安全基準の遵守を徹底し、提供する商品に対する消費者の信頼を高めています。さらに、オーガニック、持続可能、環境に優しい調達などの認証は、消費者の選択に影響を与え、市場シェアにさらに影響を与えます。

スーパーマーケットやハイパーマーケットが実施する価格設定や販促戦略は、消費者の購買行動に大きな影響を与えます。これらの小売業者は買い物客を引きつけるために、しばしば割引、バンドル販売、プロモーションを利用し、それによって冷凍鶏肉製品の売上に影響を与えています。さらに、スーパーマーケットやハイパーマーケットで提供されるこれらの製品の利便性と費用対効果は、消費者にとって非常に魅力的であり、2022年の世界の冷凍鶏肉市場におけるこのセグメントの優位性に寄与しています。

地域別概要

2022年、アジア太平洋は世界の冷凍鶏肉市場において独占的な勢力として浮上しました。この地域の都市化と多忙なライフスタイルが、冷凍チキン製品を含む便利ですぐに調理できる食品オプションへの嗜好の高まりに大きく寄与しています。都市部ではペースの速い労働文化が仕事の時間短縮につながり、消費者が自宅で調理することを困難にしています。その結果、消費者はパック入りの調理済み食品を選ぶようになり、冷凍食品は、めまぐるしい生活のために、手頃な価格で便利、かつ風味豊かな食品を一日中求める消費者に、便利で手早く、風味豊かな選択肢を提供しています。

さらに、都市化の進展と消費者の嗜好の変化が、便利な食品オプションの需要を後押ししています。即席食品は、ゼロから調理する代わりに便利な代替手段を提供するため、消費者は時間と労力を節約しながら満足のいく食事を楽しむことができます。新興国及び発展途上国における一人当たりの実質国内総生産(GDP)の上昇は、動物性タンパク質の消費量の増加につながり、鶏肉、特に鶏肉は、進化する消費パターンに対する効率的な解決策を提供しています。

アジア太平洋は、ペースの速いライフスタイルを送る成人の間で手早く食事やスナックを済ませたいというニーズが高まり、すぐに食べられるヘルシーで便利な食品への需要が高まっているため、調理済み食品市場も大きく成長しています。特に都市部ではペースの速いライフスタイルが普及しているため、時間を節約するために調理済み食品の需要が消費者の間で高まっており、これが同地域の調理済み食品市場をさらに牽引しています。

主要な企業:

  • Perdue Farms, Inc.
  • Farbest Foods
  • Tyson Foods, Inc.
  • BRF S.A.
  • Hormel Foods Corporation
  • Sanderson Farms, Inc.
  • Pilgrim's Pride Corporation
  • Cargill, Incorporated
  • JBS S.A.
  • Inghams Group Limited

セグメンテーションの概要

世界の冷凍鶏肉市場は、タイプ、製品、流通チャネル、及び地域に焦点を当てて分類されています。

タイプ別

  • 鶏の胸肉
  • 鶏もも肉
  • 鶏ドラムスティック
  • チキンウィング
  • その他

製品別

  • チキンナゲット
  • チキンポップコーン
  • チキンフィンガーズ
  • チキンパテ
  • その他

流通チャネル別

  • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • 専門店
  • オンライン小売

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨロッパー
    • 西ヨロッパー
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨロッパー
    • 東ヨロッパー
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨロッパー
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • その他の南アメリカ
お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • 発行日 :
    Jun-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプの選択

699,165 円

854,535 円

1,009,905 円

お問い合わせ