アジア太平洋地域リトレッドタイヤ市場規模、シェア、競争環境、トレンド分析レポート:車両タイプ別(トラックおよびバス、乗用車および小型トラック)、タイヤタイプ別(バイアスタイヤ、ラジアルタイヤ)、リトレッドプロセス別(ホットリトレッド、コールドリトレッド)、流通チャネル別(独立系リトレッド業者、タイヤメーカーのリトレッド事業)、国別(中国、インド、日本、韓国、オーストラリアおよびニュージーランド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、その他のアジア太平洋地域): 2024-2032 年の機会分析と産業予測

レポートID : ROJP0724182  |  発行日 : 2024年07月  |  フォーマット :  :   : 

アジア太平洋地域リトレッドタイヤ市場は、2023年から2032年までに12.9億米ドルから20億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 4.75%で成長すると予測されています。

リトレッドタイヤは、使用済みのタイヤを再利用し、その使用可能期間を延ばすための改修工程を経たものです。この新しいタイヤのエコフレンドリーな代替品には、摩耗したトレッドの交換とタイヤ構造を強化するための新しいゴムの追加が含まれます。リトレッドタイヤは廃棄物を減少させ、資源を保護し、新しいタイヤを購入するのに比べて経済的な利益を提供します。これは、タイヤが大きな摩耗を経験する商業輸送において広く実践されています。それにもかかわらず、リトレッドタイヤは、道路上での信頼性を保証するために厳しい安全規制を遵守する必要があります。初期の疑念にもかかわらず、技術の進歩により、リトレッドは実現可能で環境に優しい選択肢となり、タイヤメンテナンスにおけるより持続可能なアプローチを促進しています。

市場を牽引する要因

環境問題の高まりと持続可能性

環境問題への関心と持続可能性に対する取り組みがアジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場の成長を促進しています。この地域の政府と組織が二酸化炭素排出量の削減と廃棄物の最小化を目指しているため、リトレッドタイヤはタイヤの寿命を延ばすことで費用対効果が高く環境に優しい解決策を提供しています。このような持続可能性の重視により、フリートオペレーターや商用車の所有者の間でリトレッドタイヤを好むトレンドが強まり、市場の成長を促進しています。

リトレッドタイヤは、タイヤの寿命を延ばし、新たな原材料の需要を減らすことで環境保全に貢献します。このプロセスは、タイヤの廃棄と製造に関連する環境への影響を軽減するのに役に立つ、二酸化炭素排出量の削減と資源の節約につながります。さらに、リトレッドタイヤの転がり抵抗の低さは、燃費効率を最大化するのに役に立つ、カーボンフットプリントの削減に重点を置いている地域と一致しています。

物流分野の成長と貨物輸送サービスのニーズの高まりが、リトレッドタイヤの販売を促進する環境を育んでいます。使用量の増加によりタイヤの摩耗や損傷が激しくなっているため、タイヤのリトレッドに対する需要が高まっています。車両の持続可能性と安全性を確保しながら経費削減を目指すフリートオペレーターは、リトレッドタイヤの活用に目を向けており、多くの人が有利だと感じています。

このように、持続可能性、費用対効果、環境への優しさを重視する傾向が高まっていることが、リトレッドタイヤの採用を後押ししており、二酸化炭素排出量の削減と持続可能な慣行の推進に重点を置いている地域と一致しています。

市場の制約

新しい予算タイヤの入手可能性:

近年、、市場では新しい予算タイヤの人気が著しく高まっています。中国などのようなアジア諸国から輸入されたこれらのタイヤは、より手頃な価格のため、ますます求められています。多くの車両所有者は、予算の制約を考慮してこれらの予算に優しいオプションに目を向けています。その結果、このような経済的な予算タイヤの入手可能にが、世界中のリトレッドタイヤ市場に大きな影響を与え、需要と市場シェアが顕著な減少を招いています。

加えて、サプライチェーンの混乱、原材料費の変動、製造の制約など様々な要因が、不規則な在庫レベルを引き起こしています。その結果、手頃な価格のタイヤオプションを求める消費者にとっては、時折欠品や遅延が生じる可能性があります。したがって、市場には幅広い選択肢があるにもかかわらず、消費者は断続的な入手難を予想し、それに応じて計画を立てる必要があります。

市場機会

技術進歩の急速な導入

アジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場では、技術の進歩が主要な成長ドライバーとして浮上しており、先進的なリトレッドプロセス、強化された材料、インテリジェントなタイヤ管理システムによって業界に革命をもたらしています。

これらの進歩は、タイヤ性能の向上、寿命の延長、環境負荷の低減など、いくつかのメリットをもたらしています。例えば、2023年7月、マランゴーニとCEATは戦略的パートナーシップを発表し、CEATのケーシングおよびマランゴーニのリングトレッド技術を組み合わせ、耐用年数の延長されたタイヤを提供することで、インドのトラックおよびバス分野にタイヤリトレッドソリューションを提供します。

さらに、自動化とデジタル化は生産工程を合理化し、効率を高めてコストを下げます。消費者がますます持続可能性と費用対効果を優先するようになるにつれて、技術的に高度なリトレッドタイヤの採用が急増し、アジア太平洋市場の大幅な成長を促進すると予想されます。

市場セグメンテーションの洞察

車両タイプ別

乗用車および小型トラックセグメントがアジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場を独占しています。これは、アジア太平洋地域全体でこれらの車種用のリトレッドタイヤが市場で重視されていることを強調しています。自動車台数の増加、手頃な価格のタイヤソリューションの必要性、環境問題などの要因がこのセグメントの重要性を高めています。その結果、業界参加者は、リトレッドタイヤに対するこの大きな消費者層の特定の要求に応えるために、革新的で的を絞ったマーケティング戦略の開発に集中することができます。

タイヤタイプ別

ラジアルタイヤはバイアスタイヤに比べて性能、寿命、燃費が優れているため、アジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場に大きく貢献しています。このトレンドは、ラジアルタイヤの構造によるもので、ラジアルタイヤは進行方向に対して90度の角度でコードプライの層を含み、より優れた安定性とトラクションを提供します。

このセグメントの優位性は、特にラジアルタイヤが一般的に使用されている物流や輸送などの分野で商用車の需要が増加しているためです。その結果、ラジアルタイヤはアジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場の大幅な成長と技術革新の原動力となっています。

リトレッドプロセス別

ホットリトレッド分野が市場で最大のシェアを占めています。持続可能性に対する関心の高まりと環境に優しいタイヤの採用が、このセグメントの成長を牽引しています。ホットリトレッドとは、加硫プロセスを経て摩耗したタイヤに新しいトレッドゴムを貼り付ける方法で、耐久性が高く高荷重用途に適していることで知られています。

一方、コールドリトレッディングは非加硫プロセスを利用し、そのスピードと簡便性からしばしば好まれています。両方のセグメントは異なる市場の好みとニーズに対応していますが、ホットリトレッドはその堅牢性と長寿命で確立された評判のため、議論の中心となることが多く、この地域のリトレッドタイヤ産業の焦点となっています。

国別概要

中国はアジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場で最も高い売上シェアを占めています。この優位性は、同国の広大な自動車産業と最大の乗用車保有台数を含むいくつかの要因によるもので、これらがこの国におけるタイヤリトレッドの成長に寄与しています。さらに、中国は乗用車および商用車の生産台数が最も多く、2022年の総生産台数は2,702万台で、年率3%の伸びを示します。

ここ数年の生産量の大幅な伸びは、将来的にタイヤのリトレッド需要を促進すると予想されます。中国における自動車分野の拡大とアフターマーケットの隆盛は、リトレッドタイヤの販売に好都合な環境を作り出しています。中国における自動車産業の急速な拡大と経済全体が、この地域におけるリトレッドタイヤ市場の主要な推進要因です。

インドはリトレッドタイヤ市場において中国と密接な関係にあり、成長する運輸分野と環境に優しいソリューションを推進する政府の取り組みがその原動力となっています。インドは自動車産業で有名な国の一つであり、強力な自動車メーカーがインド製品を全世界に供給しています。この国は世界最大の自動車およびタイヤ市場の一つであり、高品質のタイヤリトレッドがトラックなどの商用車の間で人気を集めています。

インドの自動車産業が良好な位置にあること、乗用車の需要が継続的に伸びていること、アジア太平洋地域の主要な自動車輸出国の一つであることが、この国におけるタイヤリトレッドの成長に寄与しています。輸送分野の成長と環境に優しいソリューションを推進する政府の取り組みもインドのリトレッドタイヤ市場を牽引しています。

主要企業のリスト:

  • Bridgestone Corporation
  • Michelin
  • The Goodyear Tire & Rubber Company
  • Yokohama Rubber Co., Ltd
  • MRF Limited
  • Apollo Tyres Ltd
  • Giti Tire
  • Chengshan Group Co., Ltd
  • Hankook Tire & Technology Co., Ltd
  • Zhongce Rubber Group Co., Ltd
  • Sailun Group Co., Ltd

セグメンテーションの概要

アジア太平洋地域のリトレッドタイヤ市場は、車両タイプ、タイヤタイプ、リトレッドプロセス、流通チャネル、国別に焦点を当てて分類されています。

車両タイプ別

  • トラックおよびバス(商用車)
  • 乗用車および小型トラック

タイヤタイプ別

  • バイアスタイヤ
  • ラジアルタイヤ

リトレッドプロセス別

  • ホットリトレッド
  • コールドリトレッド

流通チャネル別

  • 独立系リトレッド業者
  • タイヤメーカーのリトレッド事業

国別

  • 中国
  • インド
  • 日本
  • 韓国
  • オーストラリアおよびニュージーランド
  • インドネシア
  • マレーシア
  • シンガポール
  • ベトナム
  • その他のアジア太平洋地域
Booklet
  • 発行日 :
    Jul-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

435,036 円

マルチユーザーライセンス

590,406 円

法人ライセンス

683,628 円

お問い合わせ