世界のアルブミン市場規模、シェア、競争環境、動向分析レポート - タイプ別(人間血清アルブミン、牛血清アルブミン、組換えアルブミン)、用途別(治療薬、製剤及びワクチン、培地の成分、その他)、販売チャネル別(B2C、B2B): 2024年から2032年までの機会分析及び産業予測

レポートID : ROJP0424004  |  発行日 : 2024年04月  |  フォーマット :  :   : 

世界のアルブミン市場は、2023年から2032年までに 57億米ドル から 99億米ドルまでの収益増加が見込まれ、2024年から2032年の予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が 6.2%で成長すると予測されています。この成長は、外科手術件数の増加、献血に関する意識の急上昇、医薬品開発における血漿由来アルブミンの使用増加など、いくつかの要因によるものです。

アルブミンは、肝臓で合成され血漿中に存在する水溶性タンパク質で、血漿タンパク質の約60%を占めます。浸透圧を維持し、ホルモンや薬物、栄養素など様々な物質を運搬する重要な役割を担っています。多様な分子との結合を可能にする分子構造により、この順応性の高いタンパク質は、体液バランスに寄与し、浮腫を回避し、必須化合物の全身への運搬を促進します。臨床現場では、血清アルブミン値は栄養状態と肝機能の両方の指標となるため、モニタリングすることが一般的です。全体として、アルブミンは生理的ホメオスタシスを維持し、身体機能をサポートする上で重要な役割を果たしています。

市場ダイナミクス

市場促進要因

献血に対する意識の向上

アルブミン市場は現在大きな成長を遂げているが、その主な原動力となっているのは、献血に対する意識の向上を目的とした取り組みの増加です。こうした意識向上キャンペーンが勢いを増すにつれ、アルブミンの基本的かつ主要な供給源となるヒト血漿の供給に顕著な好影響を及ぼしています。

これらの取り組みは、様々な医療用途におけるアルブミンの継続的な需要に対応する上で重要な役割を果たしています。献血の重要性に対する意識の高まりは、ヒト血漿の利用可能性の上昇につながり、その後市場におけるアルブミンの供給強化に寄与しています。アルブミンは血液中で最も豊富なタンパク質であり、血漿タンパク質全体の約50%を占めています。

世界のアルブミン市場は需要の急増を目の当たりにしており、こうした取り組みがもたらすプラスの影響は、単にアルブミンの供給を強化するだけにとどまりません。それはまた、潜在的な不足に対処し、治療および臨床用途のためのアルブミンの安定した利用可能性を確保するのに役に立ちます。その結果、アルブミンが火傷、肝疾患、ショックの治療、血液増量剤など、必須成分である様々な医療介入をサポートする上で極めて重要な役割を果たすことになります。

市場の抑制

アルブミンを取り巻く多額の生産コストと倫理的配慮は、市場の成長軌道を阻害する可能性のある極めて重要な要因です。アルブミンの生産には多額のコストがかかり、その入手と利用には倫理的な懸念が存在します。

アルブミンは主に肝臓の肝細胞で合成され、1日約10~15グラムの割合で速やかに血液中に排泄されます。従来のヒト血液からのヒト血清アルブミン(HSA)製造は、献血の可用性とドナーからのウイルス感染リスクの高さによる制約に直面しています。この制約がヒト血漿の不足を招き、結果としてHSAの価格高騰と市場での偽造アルブミンの蔓延につながっています。アルブミンの優れた結果を示す限られた適応症と相まって、費用の著しい高騰は、その費用対効果について懸念を促しています。

倫理的な懸念は、牛海綿状脳症(BSE)に関連する新型クロイツフェルトヤコブ病(nvCJD)のような、現在利用可能な技術では効果的に除去できない感染因子の伝播の可能性を中心に展開されます。さらに、血漿由来のHSAを介して肝炎やHIVのような血液由来の感染性病原体が伝播する危険性についても懸念されています。さらに、アルブミンの使用に関連した変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)伝播の理論的リスクも提起されています。

セグメンテーションの洞察

タイプ別

ヒト血清アルブミンは、ヒトの血漿中に最も多く含まれるタンパク質であり、その多様な用途と人体への適合性により、様々な医療介入において極めて重要な役割を果たしています。血漿の重要な成分として、ヒト血清アルブミンは、体液の蘇生、創傷治癒、低アルブミン血症の管理などの治療において広く利用されています。様々な医療介入におけるその広範かつ多様な用途がその重要性に寄与しており、2022年のアルブミン市場において最大のセグメントとなっており、予測期間において最も速い年平均成長率(CAGR)を記録すると予想されています。

アルブミン補給を必要とする病態の有病率の増加は、ヒト血清アルブミンの需要をさらに煽り、それによってこのセグメントの成長を推進しています。ヒト血清アルブミンは、血液の浸透圧を調整するために不可欠であり、血管と体組織間の体液の適切な分配に必要なオンコシス圧を維持するために必要です。また、いくつかの疎水性ステロイドホルモンと非特異的に結合し、ヘミンや脂肪酸の輸送タンパク質として血漿キャリアーとしても働きます。ヒト血清アルブミンは人体との適合性が高く、タンパク質欠乏症に有効であることから、医療用途で注目されています。

用途別

2022年のアルブミン市場シェアにおける治療薬セグメントの優位性、及び予測期間において最も速い年平均成長率(CAGR)が予想されるのは、幅広い医療用途におけるアルブミンの治療上の利点に対する認識の高まりによるものと考えられます。肝疾患、外傷、外科処置などの重大な健康上の懸念に対処する上で重要な役割を果たすアルブミンは、体液バランスを維持し、必須物質の輸送を助け、タンパク質不足を緩和する能力とともに、治療的処置におけるその重要性を浮き彫りにしています。さらに、現在進行中の研究開発努力により、アルブミンの新たな治療用途が明らかにされ続けており、市場の持続的な需要拡大をさらに後押ししています。

販売チャネル別

B2Bセグメントは2022年のアルブミン市場シェアで優位を占めており、製薬企業やバイオテクノロジー企業間の提携や協力関係の拡大に起因して、予測期間においても優位を維持する可能性があります。B2Bモデルは大量購入を合理化し、研究、製造及び開発活動用のアルブミンの安定供給を確保することで、市場の成長を促進します。

逆に、B2Cセグメントは、製薬会社やバイオテクノロジー企業から個人消費者やエンドユーザーへの製品の直接販売により、予測期間において最も速い年平均成長率(CAGR)を示すと思われます。この戦略は市場へのアクセスを向上させ、顧客との関係を促進し、ダイナミックなアルブミン市場において企業がエンドユーザーとの直接的なつながりを確立することで売上を増加させる可能性を秘めています。

地域別分析

2022年、世界のアルブミン市場では、北米が収益面で最も高い市場シェアを占めました。この成長は、先進医療技術へのアクセスの拡大や医療施設の整備されたネットワークなど、いくつかの重要な要因によるものです。

さらに、この地域の高齢化人口の増加と外科的介入に起因する疾患状態の高い発生率は、アルブミン製品の持続的な需要に貢献しました。さらに、北米には大手製薬メーカーが数社あり、技術革新と製品供給を促進しているため、アルブミンの収益成長にとって極めて重要な地域となっています。

北米では、アルブミンベースの治療を必要とする慢性疾患の有病率が高く、主要な企業による戦略的製品の上市が増加していることから、予測期間においてこの地域におけるアルブミンベースの製品に対する需要が大幅に高まるとみられます。

アジア太平洋は、予測期間において、アルブミン市場において最も高い年間平均成長率(CAGR)を示すと思われます。この成長は、同地域における老人人口の増加や疾患の有病率の増加など、複数の要因によるものと考えられます。

さらに、医療インフラの継続的な強化や、アルブミン製品の認知度向上と使用促進を目的としたイニシアチブの急増は、アジア太平洋における市場拡大を促進すると思われます。これらの要因は総体的に、この地域におけるアルブミン市場の機会にとって有利な環境を作り出しています。

加えて、研究活動の活発化と、この地域における国内企業の確立されたプレゼンスが、市場成長の顕著な機会を提供します。さらに、この地域内での製造受託機関の増加がアルブミン市場予測を牽引すると予想されます。

主要な企業:

セグメンテーションの概要

世界のアルブミン市場は、タイプ、用途、販売チャネル、及び地域に焦点を当てて分類されています。

タイプ別

  • 人間血清アルブミン
  • 牛血清アルブミン
  • 組換えアルブミン

用途別

  • 治療薬
  • 製剤及びワクチン
  • メディアの構成要素
  • その他

販売チャネル別

  • B2C
  • B2B
    • 医薬品アプリケーション
      • ワクチン開発
      • 医薬品の製剤化及び配送
      • その他
    • 非医薬品用途
      • 研究開発
      • 診断薬
      • その他

地域別

  • 北アメリカ
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨロッパー
    • 西ヨロッパー
      • イギリス
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その地の西ヨロッパー
    • 東ヨロッパー
      • ポーランド
      • ロシア
      • その地の東ヨロッパー
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • オーストラリアおよびニュージーランド
    • 韓国
    • ASEAN
    • その他のアジア太平洋
  • 中東・アフリカ(MEA)
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • UAE
    • その他のMEA
  • 南アメリカ
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • 南アメリカ
Booklet
  • 発行日 :
    Apr-2024
  • 予想年 :
    2024年~2032年
  • 納期 :
    即日から翌営業日

ご要望に応じて日本語のレポートもご用意いたします。

ライセンスタイプを選択

シングルユーザーライセンス

699,165 円

マルチユーザーライセンス

854,535 円

法人ライセンス

1,009,905 円

お問い合わせ